使い方

【エクセル】テキスト形式に変換して保存しよう!

TXT形式ファイルをエクセルで開くには?

TXT形式ファイルをエクセルで開くには、[テキスト ファイルウィザード]ダイアログボックスを使います。

それでは、さっそくTXT形式ファイルをエクセルで開いてみましょう。

TXT形式ファイルを選択TXT形式ファイルを選択

↑エクセルを起動し、[ファイルを開く]ダイアログボックスより対象のTXT形式ファイルを選択します。

[テキスト ファイルウィザード1/3]ダイアログボックスより設定[テキスト ファイルウィザード1/3]ダイアログボックスより設定

↑[テキスト ファイルウィザード1/3]ダイアログボックスが表示されたら下記の順に設定します。

  1. [元のデータの形式]-[カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ]を選択
  2. [次へ]を選択
[テキスト ファイルウィザード2/3]ダイアログボックスより設定[テキスト ファイルウィザード2/3]ダイアログボックスより設定

↑[テキスト ファイルウィザード2/3]ダイアログボックスが表示されたら下記の順に設定します。

  1. [区切り文字]-[タブ]を選択
  2. [次へ]を選択
[テキスト ファイルウィザード3/3]ダイアログボックスより設定[テキスト ファイルウィザード3/3]ダイアログボックスより設定

↑[テキスト ファイルウィザード3/3]ダイアログボックスが表示されたら、データ形式が標準(数値)以外の適切な形式に設定します。

今回は、[発送日][商品コード][商品番号]のデータ形式を標準(数値)以外の適切な形式に設定します。

[発送日]は[日付]を設定[発送日]は[日付]を設定

↑[発送日]のデータ形式は[日付]を設定します。

  1. [データのプレビュー]-[発送日]を選択
  2. [列のデータ形式]-[日付]を選択
[商品コード]は[文字列]を設定[商品コード]は[文字列]を設定

↑[商品コード]のデータ形式は[文字列]を設定します。

  1. [データのプレビュー]-[商品コード]を選択
  2. [列のデータ形式]-[文字列]を選択
[商品番号]を[文字列]を設定[商品番号]を[文字列]を設定

↑[商品番号]のデータ形式は[文字列]を設定します。

  1. [データのプレビュー]-[商品番号]を選択
  2. [列のデータ形式]-[文字列]を選択
データ形式を確認データ形式を確認

↑全てのデータ形式が正しく設定できているか確認できたら、[完了]を選択しましょう。

TXT形式ファイルをエクセルで開いた結果TXT形式ファイルをエクセルで開いた結果

↑TXT形式ファイルをエクセルで開くことができました。
正しくデータが表示されていますね。

ここで、データ形式を正しく設定しない場合を見てみましょう。
先ほどの[テキスト ファイルウィザード1/3]ダイアログボックスで、全てのデータに対してデータ形式をG/標準を設定してみます。

データ形式をG/標準に設定した結果データ形式をG/標準に設定した結果

↑データ形式を正しく設定した結果と比べると、[商品コード]の先頭文字である『00』が削除されて数値表示になり、[商品番号]は日付表示になっています。

データ形式の設定が正しくないと、文字列が数値に変換されたり、文字列が日付に変換されたりと、元ファイルの内容とは異なった形で表示されるので注意しましょう。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
TXT形式ファイルのデータをコピーし、そのままエクセルのブックに貼り付けた場合も、データ形式は正しく引き継がれないから覚えておこうね。

エクセルをテキスト形式で保存することで、互換性が高まる!

このようにエクセルファイルをテキスト形式のファイルに変換したり、エクセルでテキスト形式のファイルを開いたりすることができます。

表やグラフ、書式などの装飾は保存されないため、データサイズを小さく抑えたい場合には、テキスト形式のファイルで保存するといいでしょう。

また、テスト検証などで、データのみを繰り返し利用する場合も、テキスト形式のファイルで保存しておくと便利ですよ。

テキスト形式のファイル利用時のまとめ
  • テキスト形式のファイルは、人が読めたり変更したりできる文字だけのデータファイルのこと
  • 表やグラフ、書式などが装飾されているエクセルデータを、テキスト形式に変換して保存すると、装飾は削除され文字だけのデータが保存される
  • テキスト形式のファイルの中に、TXT形式とCSV形式が含まれる
  • TXT形式ファイルをエクセルで開く場合には、列のデータ型を正しく設定する必要がある

テキスト形式のファイルは、エクセルに限らず、ほとんどのソフトウェアで使用できる互換性のあるファイルです。

テキスト形式のファイルを業務で使用する際は、参考にしてみてください。

【エクセル】シングルクォーテーションをつけると表示できる便利技では、セルの入力値を意図的に『文字列』として入力する方法も解説しているので、参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル】シングルクォーテーションをつけると表示できる便利技エクセルで表示させたいのに、表示することができないときはありませんか?例えば、関数の数式を表示する場合、セルに関数を入力すると答えが返ってしまいます。ほかにも『001』などの数値の入力などはシングルクォーテーションを使って表示できます。シングルクォーテーションを先頭につけるだけで表示ができるのでぜひ参考にしてみてください。...
1 2 3 4
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。
暑中見舞いの締め切りは8/7です!梅雨が明けたら忘れる前に送りましょう。おすすめの暑中見舞い作成サービスをまとめました。
おすすめランキングはコチラ
おすすめの暑中見舞い作成サービスをランキング形式でまとめました。
詳細はコチラ