使い方

【エクセル便利技】郵便番号から住所入力、ハイフンの自動入力する方法

エクセル初心者
エクセル初心者
郵便番号が分かれば住所入力が楽になるって本当?
エクセル初心者
エクセル初心者
住所の入力って大変だよね!便利技を教えてほしいなぁ。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
今回は、郵便番号についての便利技を解説しようね!
時短作業で仕事効率アップにつながるよ!

郵便番号は、顧客情報や社員名簿などさまざまなデータに入力する機会が多いです。

なので、郵便番号ならではの便利技を紹介します。

ぜひ活用してみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルで郵便番号から住所を入力

住所録のデータ入力をして、郵便番号から住所を入力する方法を解説しましょう。

住所録のデータ住所録のデータ

↑こちらは氏名・郵便番号・住所・電話番号などを入力するデータになります。

郵便番号まで入力しています。

郵便番号を変換郵便番号を変換

↑住所のD2セルに郵便番号を入力し、変換しましょう。

すると『半角の郵便番号』と『全角の郵便番号』と『郵便番号の住所』が表示されます。

キーボード『変換』キーボード『変換』

↑キーボードの変換キーは、こちらになります。

郵便番号で簡単に住所郵便番号で簡単に住所

↑住所を選択し確定、そして続きの住所を入力します。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
この郵便番号を住所に変換するために守ってほしいことがあるよ!

❶日本語入力はONにしてね!
❷『○○○-○○○』のようにハイフンを入力してね!

これを守って郵便番号を変換すれば、簡単に住所になるよ!



郵便番号をコピーして住所入力

住所録の入力は、1件や5件ではなく大量になることが多いですね。

ちょっとした便利技で住所録を、楽に素早く効率よく入力してみましょう。

郵便番号まで入力されたデータ郵便番号まで入力されたデータ

↑住所録のデータがあります。

郵便番号まで入力されています。

コピー&ペーストコピー&ペースト

↑郵便番号をコピーして、住所欄にペーストしましょう。

郵便番号を選択郵便番号を選択

↑D列の住所の方の郵便番号を選択します。

D2の郵便番号をダブルクリックして選択しましょう。

変換する変換する

↑キーボードの『変換』を押します。

『半角の郵便番号』と『全角の郵便番号』と『郵便番号の住所』が表示されました。

確定した郵便番号から住所作成確定した郵便番号から住所作成

↑住所を選択して、続きの番地まで入力すればOKです。

郵便番号を再度入力せずに、コピー&ペーストした郵便番号からも住所変換ができるので、とても便利です。



郵便番号とPHONETIC関数

PHONETIC関数は、ふりがなを表示することができる関数です。

しかし、郵便番号を住所に変換したセルにPHONETIC関数を使ってみるとどうなるでしょう。

PHONETIC関数PHONETIC関数

↑A列は、郵便番号を住所に変換しています。

住所に変換し、追記した住所もあります。

オートフィルでコピーオートフィルでコピー

↑B列に、『=PHONETIC(A2)』を入力し、下までオートフィルでコピーします。

郵便番号とフリガナ郵便番号とフリガナ

↑B列は、郵便番号が表示されました。

番地などを追加した住所は、『郵便番号と追加した番地など』が全てフリガナとして返ります。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
PHONETIC関数で返した郵便番号は全角の郵便番号になっているよ!
タイトル
【エクセル】ふりがなを表示する関数ならPHONETIC関数にお任せ!エクセルでふりがなを表示することができるPHONETIC関数を解説します。エクセルで顧客名簿や社員名簿など、文字データを管理するリストは多いです。リストの氏名などを漢字で入力後に『ふりがな』も手入力していませんか?PHONETIC関数を使うと『ふりがな』も簡単に表示することができ大変便利です。入力ミスも防ぐことが出来るのでぜひ使ってみてください。...



郵便番号の『ハイフン』を自動で入力

こちらに郵便番号の入力をする際に、『-(ハイフン)』を入れていないデータがあります。

ハイフン未記入ハイフン未記入

↑後からでも、『ハイフン』を表示させることができるので、さっそく試してみましょう。

セルの選択セルの選択

↑郵便番号のハイフンを表示させたいセルや列などを選択します。

今回は、A列のA2:A6を選択します。

セルの書式設定ダイアログボックスを開く手順セルの書式設定ダイアログボックスを開く手順

↑ホームタブの数値の右下矢印からセルの書式設定ダイアログボックスを開きます。

ショートカットキー『Ctrl+1』でも簡単に開くことができるので、どちらでもかまいません。

セルの書式設定ダイアログボックスセルの書式設定ダイアログボックス

↑セルの書式設定ダイアログボックスが表示されました。

『その他』と『郵便番号』を選択をしOKを押します。

ハイフン表示完了ハイフン表示完了

↑簡単にハイフンを表示することができました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
この方法は表示形式を変更しているので、郵便番号を『変換』しても『住所』は表示されないよ!
住所の変換には必ず『ハイフンを入力する』ことが必要だからね!

郵便番号の入力は、エクセルデータでは取り扱うことが多い項目になります。

ちょっとした便利技を使って、効率よく作業してみましょう。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。