ピボットテーブル

エクセル【ピボットテーブル】の集計フィールドは独自の数式でカスタマイズできる!

エクセル初心者
エクセル初心者
ピボットテーブルの集計フィールドの集計方法は、変更できるのかな?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
ピボットテーブルの集計フィールドの集計方法は、簡単に変更できるよ。他にも独自の集計用フィールドを追加できるから、これから解説するね。

今回は、ピボットテーブルの集計フィールドについて解説します。

ピボットテーブルは、集計の初期値が『合計』のため、『値』エリアに金額や数量を配置すると『金額の合計』や『数量の合計』で集計フィールドに表示されます。

合計以外の集計値で集計フィールドに表示できないのかというと、そうではありません。

ピボットテーブルの集計方法は簡単に変更でき、平均値や最大値などを集計できます。

また、既存のフィールドの値を使って『消費税』や『手数料込合計』といった、独自の集計用のフィールドを追加することができますよ。

ピボットテーブルの集計フィールドのポイント
  • 集計の初期値は『合計』である
  • 集計フィールドの集計方法は変更できる
  • 独自の集計用フィールドを追加できる

ピボットテーブルに、独自の集計用フィールドを追加してカスタマイズしましょう。

ピボットテーブルの集計については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルの集計方法を解説!今すぐ使える便利機能を紹介で詳しく解説しています。

タイトル
【エクセル】ピボットテーブルの集計方法を解説!今すぐ使える便利機能を紹介今回は、ピボットテーブルの集計について解説します。ピボットテーブルは、1つのデータに対して様々な方法で集計できます。フィルターやスライサーを使ったり、比率や累計、順位などの計算が簡単にできます。ピボットテーブルの目的に合わせた便利な集計方法を習得しましょう。...

次項より、ピボットテーブルの値フィールドの集計方法について、詳しく解説します。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。