【エクセル】ピボットテーブルのよくあるエラーを解説!!

3 min 7,065 views
エクセル初心者

エクセル初心者

ピボットテーブルのよくあるエラーと、その対処方法が知りたいな。

そうだね。ピボットテーブルのエラーとなる原因とその対処法を知っておくと、落ち着いて対応できるから、これから解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、ピボットテーブルのエラーについて解説します。

エクセルのピボットテーブルを初めて作成するのに、手始めにエラーが出てしまうと『やっぱりピボットテーブルは難しい』とか『わざわざピボットテーブルじゃなくてもいいのかな』と思ってしまい、作成意欲が沸かなくなってしまいますよね。

そうならないように、ピボットテーブルのよくあるエラーと、その対処方法を理解しておきましょう。

ポイント!

ピボットテーブルのよくあるエラーは、リスト作成時に未然に防げる

エラーメッセージの紹介とその対処方法、また、エラーと思いがちな操作ミスについて解説します。

ピボットテーブルの概要については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルの基本から応用まで徹底解説!実は難しくない!初心者でも集計と分析が簡単にできるで詳しく解説しています。

次項より、ピボットテーブルのよくあるエラーについて、詳しく解説します。
※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

ピボットテーブルのエラーとその対処方法

初めてピボットテーブルを作成したときに、『よくあるエラー』に高い確率で遭遇してしまいます。

エラーメッセージが表示されると、作成をあきらめてしまいそうですが、エラーの原因は、単純なことが多いです。

ここでは、『よくあるエラー』と『エラーと思いがちな操作ミス』について解説します。

ピボットテーブルのよくあるエラー

ピボットテーブルのエラーは、ピボットテーブルのもとになる『リストの不備』によって発生する場合が、実は多いのです。

ピボットテーブルのエラー表示
ピボットテーブルのエラー表示

↑上記は、ピボットテーブルのエラーでよく見られるエラーメッセージです。

このエラーが表示された場合は、まず最初に、下記の項目を確認しましょう。

  1. フィールド名に空白がないか
  2. フィールド名にセルの結合がないか

『そのピボットテーブルのフィールド名は正しくありません。』のエラーメッセージが表示された場合、エラーを解決しなければ先の作業に進めないので、対象セルを見つけて修正する必要があります。

①の対処方法
①の対処方法

↑①の対処方法は、空白のフィールド名なくすことなので、フィールド名を入力しましょう。

②の対処方法
②の対処方法

↑②の対処方法は、フィールド名のセル結合を解除することです。

また、フィールド名以外のセルに結合している箇所があると、正しい集計ができないため、セルの結合はすべて解除し、1セルに1データを入力しましょう。

エラーメッセージが表示されると、どうしても焦ってしまうことがありますが、エラーの内容はとても単純ですので、慌てずに一つずつ対処しましょう。

ピボットテーブルのリストの作成については、ピボットテーブルのもとになる『リスト』のルールを参考にしてみてください。

ピボットテーブル用に作成したものではない表(リスト)を参照元として再利用する場合には、見直しが必要だね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ピボットテーブルに反映or表示されない

次に、エラーと思いがちな操作ミスについて解説します。

ピボットテーブルはフィールドの配置を変更すると、連動して全体のレイアウトに反映されます。

そのため、もとになるリストの内容が変更されれば、その内容が即座にピボットテーブルに反映されると思いがちですが、それは間違いです。

『更新』ボタンで更新作業
『更新』ボタンで更新作業

↑ピボットテーブルのもとになるリストの内容を変更した場合は、『更新』ボタンをクリックし更新作業をしなければ、ピボットテーブルに反映されません。

『データソースの変更』ボタンでリスト範囲の再設定
『データソースの変更』ボタンでリスト範囲の再設定

↑また、ピボットテーブルのもとになるリストの範囲を変更した場合は、『データソースの変更』ボタンをクリックしリスト範囲の再設定をする必要があります。

ピボットテーブルのもとになるリストの内容変更後は、『更新作業』が必要であることを覚えておきましょう。

ピボットテーブルのもとになるリストの変更については、ピボットテーブルの更新方法 2パターンを紹介を参考にしてみてください。

ピボットテーブルのエラーはリストを見直す!!

ピボットテーブルのエラーとその対処方法は、とても簡単でしたね。

ピボットテーブルのもとになるリストを正しく作成することで、エラーを未然に防ぐことができます。

最初は、少ないデータでピボットテーブルを作成し、変更や反映を1つずつ確認するのもいいかもしれませんね。

また、ピボットテーブルのもとになるリストは、テーブルにすると変更作業が便利にできますよ。

ピボットテーブルのもとになるリストは、テーブルにする方法は、エクセル【ピボットテーブルの編集】便利なテーブル設定について解説!!で詳しく解説しています。

ピボットテーブルの概要については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルの基本から応用まで徹底解説!実は難しくない!初心者でも集計と分析が簡単にできるで詳しく解説しています。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事