エクセル【ピボットテーブルの編集】便利なテーブル設定について解説!!

4 min 240 views
エクセル初心者

エクセル初心者

ピボットテーブルのもとになるリストをテーブルにしておくと、編集しやすいみたいなんだけど、どうやってテーブルにするのかな。

そうだね。リストをテーブルにしておくと、ピボットテーブルの編集がしやすくなってとても便利だから、これから解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、ピボットテーブルの編集に役立つテーブル設定について解説します。

ピボットテーブル内のフィールド名の配置変更や表示形式の変更も編集になりますが、ここではピボットテーブルのもとになるリストを、表からテーブルにして編集する方法についてを解説していきます。

ピボットテーブルのもとになるリストを表からテーブルにして編集することで、後にデータの追加と削除によるリスト範囲が変更になった時などに、大変便利になりますよ。

まずは、リストをテーブルにする必要がありますので、そこから始めましょう。

リストをテーブルにする簡単ステップ
  1. リストを選択
  2. [挿入]-[テーブル]を選択
  3. [テーブルの作成]ダイアログボックスより設定

以上の3ステップで、リストをテーブルにすることができます。

ピボットテーブルの基本については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルとは?基本から分かりやすく解説!!で詳しく解説しています。

次項より、テーブル設定にすることのメリットについて詳しく解説するので、ぜひ読み進めてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

【ピボットテーブルの編集】リストをテーブルにしよう

リストをテーブルにすると、その後のピボットテーブルの編集が便利になります。

まずは、リストをテーブルにする手順をみていきましょう。

左側がリストをテーブルに変換する前、右側がリストをテーブルに変換した後
左側がリストをテーブルに変換する前、右側がリストをテーブルに変換した後

↑上記は、左側がリストをテーブルに変換する前、右側がリストをテーブルに変換した後です。

先頭行にフィルターを付けて、表全体に色をつけるぐらいなら、テーブルに変換する必要があるの?と、思いますよね。

そこで、見た目では分からない部分の、テーブル設定のメリットについて下記に紹介します。

テーブルにすることで、その後のピボットテーブルの編集に役立ちます。

  • リスト範囲を自動で拡張
  • データを追加すると書式設定や数式が自動で反映
  • 数式の修正が簡単

ピボットテーブルのリスト範囲を自動で拡張

リストをテーブル設定していない場合、データの追加と削除が発生した際に、手動でリスト範囲の再設定が必要となります。

もし、リスト範囲の再設定を忘れてしまったり、リスト範囲を間違って設定してしまうと、ピボットテーブルの編集が正しくできなくなります。

そこで、リストをテーブル設定しておくと、リストの行や列を追加した際にリスト範囲が自動で拡張し、ピボットテーブルが正しく編集されます。リスト範囲の再設定をする手間が省けますね。

データを追加する前のテーブル
データを追加する前のテーブル

↑上記テーブルに、行と列を順番に追加してみます。

セルA10にデータを追加すると自動的にテーブルの範囲が拡張される
セルA10にデータを追加すると自動的にテーブルの範囲が拡張される

↑セルA10に『9』と入力すると、自動的にテーブルの範囲が拡張されました。

セルM1にデータを追加すると自動的にテーブルの範囲が拡張される
セルM1にデータを追加すると自動的にテーブルの範囲が拡張される

↑セルM1に『備考』と入力すると、こちらも同様に自動的にテーブルの範囲が拡張されましたね。

[ピボットテーブルの分析]-[更新]を選択
[ピボットテーブルの分析]-[更新]を選択

↑自動的にテーブルの範囲が拡張されることで、ピボットテーブルのリスト範囲を再設定する作業は不要になりますが、ピボットテーブルの更新作業[ピボットテーブルの分析]-[更新]は必要ですので、忘れないようにしましょう。

これで、ピボットテーブルが正しく編集されましたね。

データを追加すると書式設定や数式が自動で反映するように編集

最終行の次の行にデータを入力すると、その上の行に入っている書式設定や数式が、自動で反映されます。

C列には、顧客コードをリストから選択できるように入力規則を設定、L列には金額を求める数式を設定しているテーブルを使って確認してみましょう。

書式設定や数式が反映されているか確認
書式設定や数式が反映されているか確認

↑追加され最終行のセルC10とセルL10をそれぞれ選択してみます。

入力規則機能と、金額を求める数式が、反映されていることが確認できます。

このように、データを追加すると、自動で書式設定や数式が反映され、正しくピボットテーブルが編集されます。自動反映されるのは、大変便利な機能ですね。

数式の修正が簡単なピボットテーブルの編集

数式が入力されている1つのセルを変更すると、列全体の数式が自動で変更されます。

L列には[単価×数量]の数式が設定されている
L列には[単価×数量]の数式が設定されている

↑L列には、[単価×数量]の数式が設定されていますが、セルL2の数式のみ[単価×数量/2]に変更してみます。

L列の数式が[単価×数量/2]に変更された
L列の数式が[単価×数量/2]に変更された

↑セルL2の数式をセルL3以降にコピーすることなく、列全体の数式が自動で変更されましたね。

1つでも数式が間違っているとピボットテーブルを正しく編集できません。

リストをテーブル設定することで、コピーの手間と数式の修正漏れを防げ、正しくピボットテーブルが編集されますね。

1つのセルを変更するだけで、対象となるセルの数式が全て変更できるからとても便利だね!!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

次項では、リストをテーブルに変換について、詳しく解説します。

リストをテーブルに変換してみましょう

ピボットテーブルのもとになるリストをテーブルにすることで、後に発生するピボットテーブルの編集に役立つことが理解できましたね。

それでは、さっそくリストをテーブルに変換してみましょう。

リスト-[挿入]-[テーブル]を選択
リスト-[挿入]-[テーブル]を選択

↑下記の通りに設定します。

  1. リストを選択
  2. [挿入]を選択
  3. [テーブル]を選択
[テーブルの作成]ダイアログボックスより設定
[テーブルの作成]ダイアログボックスより設定

↑[テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されたら、下記の通りに設定します。

  1. テーブルに変換するリスト範囲を確認
  2. [OK]を選択
テーブルに変換完了
テーブルに変換完了

↑これで完了です。とても簡単でしたね。

また、元の表に戻したい場合も、簡単に戻すことができます。

リスト-[テーブルデザイン]-[範囲に変換]を選択
リスト-[テーブルデザイン]-[範囲に変換]を選択

↑テーブル機能を解除したい場合は、下記の通りに設定しましょう。

  1. テーブル内を選択
  2. [テーブルデザイン]を選択
  3. [範囲に変換]を選択
[はい]を選択
[はい]を選択

↑上記メッセージが表示されたら[はい]を選択します。

テーブル機能が解除されたリスト
テーブル機能が解除されたリスト

↑これで完了です。表のデザインの書式は残りますが、テーブル機能は解除されます。

リストをテーブル設定することで、その後のピボットテーブルの編集がとても便利になりますよ。

セルA10やセルM1にデータを追加して、リスト範囲が自動拡張されないことを確認しておこうね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

リストはテーブルにすると便利!ピボットテーブルの編集

ピボットテーブルの編集は、ピボットテーブルのもとになるリストが重要です。

集計や分析の対象を何にするかによってデータ量は違いますが、リストが更新されるたびにリスト範囲を変更したり、書式や数式を反映したりするのは、効率が良いとは言えませんよね。

リストをテーブルにすることによって、効率よく作業ができ、修正ミスや反映漏れも防ぐことができるので、その後のピボットテーブルを正しく編集できます。

ピボットテーブルを編集しやすくするためにも、テーブルにしておくことをおすすめします。

ピボットテーブルの基本については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルとは?基本から分かりやすく解説!!で詳しく解説しています。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事