楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【エクセル】フィルターがかからない5つの原因と対処方法を解説!

5 min 631 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルのフィルターがかからないのはどうして?フィルター候補が表示されなかったり、設定すらできなかったりする原因は何かな?

そうだね、フィルターがかからない原因は、データ自体に不備があったり、Excelの設定に問題があったりするよ。これから原因と対処方法について詳しく解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、エクセルのフィルターがかからない原因と対処方法について、解説します。

エクセルのフィルター機能は、データ抽出を行う際には欠かせない機能です。

そのフィルター機能を設定できないとなると、とても困ってしまいますよね。

この記事を読むと、エクセルのフィルターがかからない基本的な原因と対処方法について、理解することができますよ。

【エクセル】フィルターがかからない5つのポイント
  1. データ内に空白のセル(空白行や列)が含まれている
  2. 結合セルが含まれている
  3. 複数のシートを選択している
  4. シートの保護が設定されている
  5. 文字列や数字の表示形式が統一されていない

PCサポート歴10年以上の私が、フィルターがかからない基本的な原因と対処方法について、詳しく解説するよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

フィルターがかからない場合、データの内容や書式を確認したり、Excelの設定を確認したりする必要があります。

ここでは、基本的な原因と対処方法を理解しておきましょう。

そして本記事は下記の動画でも解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

エクセルのフィルター機能の基本的な使い方については、こちら≫【エクセル】フィルター機能の設定と解除方法!範囲を指定してデータ抽出!初心者必見で詳しく解説しています。

※本記事は『OS:Windows11』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

【エクセル】フィルターがかからない5つの原因と対処方法

ここでは、フィルターがかからない基本的な原因と対処方法について、順番に解説します。

1.データ内に空白のセル(空白行や列)が含まれている

フィルターの範囲に含まれる部分と含まれない部分を確認
フィルターの範囲に含まれる部分と含まれない部分を確認

フィルターをかける表内に空白セル(空白行や列)が含まれていると、先頭行から空白行前までをフィルターの範囲と認識し、表全体にフィルターをかけることができません。

空白行を含む表全体を手動で範囲選択
空白行を含む表全体を手動で範囲選択

そのような場合は、手動でフィルターの範囲を設定するか、値を入力して空白セルを埋めていきましょう。

手動でフィルターの範囲を設定する方法については、『フィルターの範囲を設定する方法』で詳しく解説しています。

不要なセルの場合は、削除しても問題ないよ。ただし、セル単位で削除をしてしまうとデータがずれてしまうから、行単位、列単位で削除しようね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

2.結合セルが含まれている

エクセルの『セルの結合』を使うと、結合したセルのうち左上セルの値のみが保持され、他のセルの値は破棄されます。

『結合セル』に含まれる『空白セル』を確認
『結合セル』に含まれる『空白セル』を確認

ということは、『結合セル』には『空白セル』が含まれている、ということになりますよね。

『空白セル』が含まれるという状況は、前述の『1.データ内に空白のセル(空白行や列)が含まれている』と同じですが、対処方法が少し異なります。

結合されたセルでは正しくデータの抽出ができない
結合されたセルでは正しくデータの抽出ができない

結合セルが含まれる場合、手動でフィルターの範囲を設定しても正しくデータを抽出できないため、『空白セル』を埋めることが必須となります。

セルF3に数式を入力
セルF3に数式を入力

『結合セル』の『空白セル』を埋めるには、『数式』や『貼り付けのオプション』、ショートカットキーなどを組み合わせると、便利に入力することができます。

『結合セル』の『空白セル』を埋める方法については、こちら≫【エクセル】早く知りたかった!結合セルにフィルターをかける方法を解説で詳しく解説しています。

3.複数のシートを選択している

知らず知らずのうちに、複数のシートを選択していたという経験はありませんか。

『フィルター』がグレーアウトしている
『フィルター』がグレーアウトしている

複数のシートを選択している場合、リボン表示の『フィルター』がグレーアウトしていて選択することができません。

このような場合は、シートの複数選択を解除しましょう。

ここでは、シートの複数選択を解除する3つの方法を紹介します。

3-1.Shift+シートを選択

  1. STEP

    フィルターを設定したいシートタブを選択

    『Sheet2』を選択するとシート名に下線が付く
    『Sheet2』を選択するとシート名に下線が付く

    『Sheet1』『Sheet2』『Sheet3』を複数選択している状態で(画面には『Sheet1』が表示されている)、フィルターを設定したい『Sheet2』を選択します。

  2. STEP

    Shift+フィルターを設定したいシートタブを選択

    【Shift】+『Sheet2』を選択
    【Shift】+『Sheet2』を選択

    画面に『Sheet2』が表示されている状態で、Shiftを押しながら再度『Sheet2』を選択しましょう。

  3. STEP

    シートの複数選択が解除される

    シートの複数選択が解除される
    シートの複数選択が解除される

    シートの複数選択が解除され、グレーアウトされていた『フィルター』を選択できるようになりましたね。

Shift+シートタブ選択で、1シートずつ解除することもできるから、どんな動きになるかを確認しておこうね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

3-2.『シートのグループ解除』を選択

  1. STEP

    フィルターを設定したいシートを右クリック

    『Sheet2』を右クリックするとシート名に下線が付く
    『Sheet2』を右クリックするとシート名に下線が付く

    『Sheet1』『Sheet2』『Sheet3』を複数選択している状態で(画面には『Sheet1』が表示されている)、フィルターを設定したい『Sheet2』を右クリックしましょう。

    シートの複数選択を解除する目的であれば、『Sheet1』『Sheet2』『Sheet3』のどのシートを右クリックしても問題ありません。

  2. STEP

    『シートのグループ解除』を選択

    『Sheet1』と『Sheet3』の選択を解除する
    『Sheet1』と『Sheet3』の選択を解除する

    表示されたメニューから『シートのグループ解除』を選択します。

  3. STEP

    シートの複数選択が解除される

    シートの複数選択が解除される
    シートの複数選択が解除される

    シートの複数選択が解除され、グレーアウトされていた『フィルター』を選択できるようになりましたね。

3-3.グループ化されていないシート選択

グループ化されていないシートタブを選択
グループ化されていないシートタブを選択

グループ化されていないシートが1シート以上ある場合は、そのシートを選択すると複数選択を解除することができます。

下線の付いていないシートタブを選択
下線の付いていないシートタブを選択

また、すべてのシートを選択している場合は、シート名に下線が付いていない、いずれかのシートを選択すると複数選択を解除できます。

4.シートの保護が設定されている

複数のシートは選択していない
複数のシートは選択していない

複数のシートを選択していないのに、リボン表示の『フィルター』がグレーアウトされている場合は、シートが保護されていないかを確認しましょう。

  1. STEP

    『シートの保護の解除』を選択

    [校閲]タブ-『シート保護の解除』を選択
    [校閲]タブ-『シート保護の解除』を選択
    1. [校閲]タブを選択
    2. 『シート保護の解除』を選択
  2. STEP

    パスワードを入力

    シート保護解除のためのパスワードを入力
    シート保護解除のためのパスワードを入力
    1. パスワードを入力
      (シート保護した時に設定したパスワードを入力)
    2. [OK]を選択

    パスワードを設定していない場合は、空欄のまま[OK]を選択しましょう。

  3. STEP

    シートの保護が解除される

    『フィルター』を選択できるようになる
    『フィルター』を選択できるようになる

    シートの保護が解除され、グレーアウトされていた『フィルター』を選択できるようになりましたね。

5.文字列や数字の表示形式が統一されていない

入力しているデータの文字列や数字の表示形式が統一されていないと、正しく絞り込みができない場合があります。

例えば、複数の表示形式がある日付データなどが該当します。

表示形式を統一していないとデータは抽出されない
表示形式を統一していないとデータは抽出されない

上記の表から日付が『4月2日』のデータを抽出しようとして、フィルター条件に『4/2』を入力すると、『該当なし』ということで何も表示されません。

表示形式を統一するとデータが抽出される
表示形式を統一するとデータが抽出される

この場合、フィルター条件を『4/2』ではなく『4月2日』と表示形式を統一する必要があります。

日付データ『文字列』と『日付』での比較
日付データ『文字列』と『日付』での比較

また、日付データを『文字列』の形式で入力してしまうと、『日付フィルター』が表示されないため、月別の絞り込みができません。

『日付フィルター』を表示するには、日付データの『文字列』を『日付』に変換することで対処することができます。

このように、入力するデータの文字列や数字の表示形式は、統一するように注意しましょう。

フィルターがかからない場合の対処方法に関するQ&A

Q

エクセルのフィルターがかからないのはなぜですか?

A

エクセルのフィルターがかからない場合、データの入力範囲や書式を確認したり、Excelの設定を確認したりする必要があります。詳細については、『【エクセル】フィルターがかからない5つの原因と対処方法』で解説しています。

Q

エクセルのフィルターの直し方を教えてください。

A

現在のデータ範囲に適用されているフィルターと並べ替え状態を元に戻すには、フィルターの『解除』または『クリア』を実行します。詳細については、『【エクセル】フィルターの3つの基本操作』で解説しています。
また、フィルターで並び替えたデータを元に戻す方法については、【エクセル】今さら聞けないフィルターの昇順を解除する方法を解説!初心者必見を参考にしてみてください。

フィルターがかからない原因は事前に取り除こう!

今回は、エクセルのフィルターがかからない原因と対処方法について、解説しました。

フィルターがかからない原因を1つ1つ確認すると、どれも簡単な方法で対処することができましたね。

『空白セル』と『結合セル』については、何かと意図しない動作を起こしやすいキーワードになるため、フィルターをかける際には事前に取り除く習慣も重要です。

また、日付のように表示形式が複数ある項目については、全角、半角、表示形式を統一しておきましょう。

最後に、エクセルのフィルターがかからない5つのポイントについて、おさらいします。

おさらい
  1. データ内に空白のセル(空白行や列)が含まれている
  2. 結合セルが含まれている
  3. 複数のシートを選択している
  4. シートの保護が設定されている
  5. 文字列や数字の表示形式が統一されていない

エクセルのフィルターがかからない場合は、基本的な原因と対処方法を順番に確認しましょう。

エクセルのフィルター機能の基本的な使い方については、こちら≫【エクセル】フィルター機能の設定と解除方法!範囲を指定してデータ抽出!初心者必見で詳しく解説しています。

カテゴリー:

40万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に40万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事