ショートカットキー

フォントタブを表示する「Ctrl+Shift+F」「Ctrl+Shift+P」

エクセルでセルの書式設定は『Ctrl+1』で表示します。

最新の使用したタブが開かれます。

使用したタブによって開かれるタブが変わるのではなく、必ずセルの書式設定の『フォントタブ』を開くショートカットキーを紹介します。

セルの書式設定のフォントタブを開くショートカットキーは【Ctrl+Shift+F】または【Ctrl+Shift+P】になります。

どちらもフォントタブが開かれるので覚えやすい方を使ってくださいね。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Shift+F コントロール + シフト + エフ
Ctrl+Shift+P  コントロール + シフト + ピー

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

フォントタブを表示するショートカットキーの手順

ショートカットキー【Ctrl+Shift+F】または【Ctrl+Shift+P】を使い、セルの書式設定『フォントタブ』を開いてみましょう。

セルを選択セルを選択

↑A1のセルのフォントを確認します。

A1セルを選択しましょう。

コントロールとシフトの場所コントロールとシフトの場所

↑【Ctrl】と【Shift】はキーボードの左右にあります。

使いやすい方を押してください。

今回は左の【Ctrl】と【Shift】で解説します。

コントロールとシフトとFの場所コントロールとシフトとFの場所

↑【Ctrl】と【Shift】を押した状態のままで【F】を押します。

【Ctrl】と【Shift】と【F】は同時には押せません。

①【Ctrl】を押したまま→②【Shift】を押したまま→③【F】の順番で押しましょう。

コントロールとシフトとPの場所コントロールとシフトとPの場所

↑【F】を【P】に変えてもOKです。

フォントタブ表示フォントタブ表示

↑セルの書式設定『フォントタブ』が表示されました。

A1セルのフォントを確認することができました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
『F』か『P』かは、使いやすい方を覚えてね!
転職を考えている人におすすめ!

あなたがもし転職を考えていたら、次のような悩みはありませんか?

  • 自分に向いている仕事はなんだろう?
  • 自分の強みはなんだろう?
  • 転職したいけど、自分に合った仕事の探し方がわからない。

このような悩みをお持ちなら、「ミイダス」の転職アプリがおすすめです。

ミイダスは次の3種類の診断を完全無料でおこなうことができます。

ミイダスにできる3つの診断コンテンツ
  • ミイダス市場価値診断
  • コンピテンシー診断
  • パーソナリティー診断

上記の診断結果を見て自分に適した転職先を見いだすことができます。

ミイダスの提携企業

さらにミイダスで市場価値を測定すると、上記のミイダスに登録されている企業170,000社から直接オファーが届く場合もあります。

中には面接確約オファーなどもあり、転職活動をしたいという方にぴったりのサービスです。

転職を少しでも検討しているかたは、まずは無料で登録して、自分の価値をしっかりと見つめなしてみませんか!

すでに44万人が登録していて、毎月2万人が登録中のミイダスがあなたの転職をサポートしてくれます。
無料で自分の市場価値を調べてみる≫