使い方

【エクセルのバックアップファイル】作成する方法や解除する方法

バックアップファイルの作成方法

それでは、バックアップファイルを作成してみましょう。

対象のファイルを開き、F12(ファンクションキー12)を選択して[名前を付けて保存する]ダイアログボックスを表示させます。

[名前を付けて保存する]ダイアログボックスより設定[名前を付けて保存する]ダイアログボックスより設定

↑下記の順に設定しましょう。

  1. [ツール]-[全般オプション]
  2. [全般オプション]
[全般オプション]ダイアログボックスより設定[全般オプション]ダイアログボックスより設定

↑[全般オプション]ダイアログボックスが表示されたら下記の順に設定します。

  1. [バックアップファイルを作成する]にチェックを入れる
  2. [OK]を選択
[保存]を選択[保存]を選択

↑[名前を付けて保存]ダイアログボックスに画面が変わったら[保存]を選択します。

[はい]を選択[はい]を選択

↑続けて[名前を付けて保存の確認]ダイアログボックスが表示されますので、[はい]を選択しましょう。これで設定完了です。

バックアップファイル設定後の確認バックアップファイル設定後の確認

↑それでは、フォルダを確認してみましょう。

『重要資料.xlsx』とそのバックアップファイルの『重要資料のバックアップ.xlk』が確認できましたね。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
バックアップファイルをエクセルファイルとして保存(復元)する場合は、ファイルを開き、[名前を付けて保存]でファイル名の変更と拡張子を『.xlk』から『.xlsx』に変更して保存しようね。

次項では、バックアップファイルの保存場所について解説します。

1 2 3 4 5
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。
暑中見舞いの締め切りは8/7です!梅雨が明けたら忘れる前に送りましょう。おすすめの暑中見舞い作成サービスをまとめました。
おすすめランキングはコチラ
おすすめの暑中見舞い作成サービスをランキング形式でまとめました。
詳細はコチラ