【エクセル順位の出し方】RANK.EQ関数で順位を求めよう!

4 min 51 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルのRANK.EQ関数の使い方が知りたいな。 順位を付けれるみたいだけど、簡単にできるのかな?

エクセルのRANK.EQ関数は、指定した値の順位を返してくれる関数だよ。 RANK.EQ関数を使うと、試験の結果、人気のある商品などの順位が簡単に表示できて、とても便利だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、エクセルのRANK.EQ関数について解説します。
日常において順位やランキングは、とても馴染みのあるワードですよね。

試験結果の順位、営業成績の順位、おいしいお店ランキング、視聴率ランキングなど、順位は、何にでも付けれます。

エクセルのRANK.EQ関数は、データを並び替える必要もなく簡単に順位を出すことができるので、とても便利ですよ。

エクセルのRANK.EQ関数の簡単解説
  • ランク・イコールと読む
  • 数値の範囲の中で、指定した順位を返す
  • RANK.EQ関数の書式 =RANK.EQ(数値,参照,順序)

また、RANK.EQ関数とRANK.AVG関数の違いについても解説します。

RANK.EQ関数は、エクセルの関数の統計の分類に入ります。他にも統計の分類に入る関数で、平均値を求めるAVG関数があります。
平均値は、『=合計の数値/割る数値』で求めることができますが、AVG関数を使うと簡単に計算することができます。

平均値を求めるAVG関数については、エクセルで平均値を求める「AVERAGE関数」を簡単解説!!で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

次項より、RANK.EQ関数とは?読み方は?について詳しく解説するので、ぜひ読み進めてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

RANK.EQ関数とは?読み方は?

エクセルのRANK.EQ関数は、指定した数値に対して、特定のデータの範囲の中で順位を求める関数で、ランク・イコールと読みます。

  • RANK.EQ関数の書式は
    =RANK.EQ(数値,参照,順序)
  • 数値は必須
    順位を求めたい数値を指定
  • 参照は必須
    数値全体が入力されているセル範囲を指定
  • 順序は省略できる
    0 または省略:降順
    1:昇順

下記の2つの表を見てみましょう。

投票数の多い順に順位を出している
投票数の多い順に順位を出している

↑これは、RANK.EQ関数を使って、投票数の多い順に順位を指定しています。

人気度は、商品Eが最上位で、商品Aが最下位ということが分かりますね。

返品数が少ない順に順位を出している
返品数が少ない順に順位を出している

↑また、同じデータを使って、数値の小さいものを良いとする順位を出すこともできます。RANK.EQ関数を使って、返品数が少ない順に順位を指定しています。

先ほどの人気商品の表とは違って、返品数が少ないものが優良となるため、商品Aは優良品で、商品Eは不良品が多かったということが分かりますね。

このようにRANK.EQ関数を使うと、データの範囲内で順位を出すことができ、順位は『降順』『昇順』を引数で指定することができます。

同じデータを使っても、引数を変えると意味の違った結果を出すことができますね。

RANK.EQ関数は、Excel 2010以降に追加された新しい関数で、RANK.EQ関数の旧バージョンは、RANK関数だよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

次項では、エクセルのデータの順位を、RANK.EQ関数で求める方法を解説します。

エクセルデータの順位をRANK.EQ関数で求める

それでは、エクセルのRANK.EQ関数を使って順位を求める方法を見てみましょう。

RANK.EQ関数の設定
RANK.EQ関数の設定

↑人気商品投票結果の表を使って、投票数が多い順(降順)に順位を出してみます。
下記の順に設定しましょう。

  1. セルD3を選択して[=rank]を入力
  2. [RANK.EQ]をダブルクリック
  3. [関数の挿入]をクリック
[関数の引数]ダイアログボックスより設定
[関数の引数]ダイアログボックスより設定

↑[関数の引数]ダイアログボックスが開いたら、下記の順に設定します。

  1. [数値]は、セルC3を選択して参照
  2. [参照]は、セルC3からC8を選択しF4を押して絶対参照にする
  3. [順序]は、[0]を入力
  4. [OK]を選択
商品Aの順位がセルD3に表示された
商品Aの順位がセルD3に表示された

↑商品Aの順位がセルD3に表示されました。

オートフィルを使って数式のコピー
オートフィルを使って数式のコピー

↑オートフィルを使って、セルD3の数式をセルD8までコピーしましょう。

投票数に対して降順で順位が表示された
投票数に対して降順で順位が表示された

↑投票数に対して、順位が降順で表示されましたね。

昇順指定は[順序]に[1]を入力
昇順指定は[順序]に[1]を入力

↑また、返品対応数の表を使って、返品数が少ない順(昇順)に順位を出す場合は、[順序]に[1]を入力します。

返品数に対して昇順で順位が表示された
返品数に対して昇順で順位が表示された

↑返品数に対して昇順で順位が表示されました。

データを並び替える必要もなく順位を出すことができるので、とても便利ですね。

次項では、RANK.EQ関数とRANK.AVG関数の違いを解説します。

RANK.EQ関数とRANK.AVG関数

エクセルには、他にも順位を出す関数として、Excel 2010以降に追加されたRANK.AVG(ランク・アベレージ)関数があります。

基本的にRANK.EQ関数と同じですが、RANK.AVG関数は、複数の数値が同じ順位にあるときは、平均の順位が表示されます。

では、下記の表の商品C,Dの投票数を同数にして、RANK.EQ関数とRANK.AVG関数の結果を比べて見てみましょう。

RANK.EQ関数とRANK.AVG関数の結果を比較
RANK.EQ関数とRANK.AVG関数の結果を比較

↑左側の表はRANK.EQ関数を使って、右側の表はRANK.AVG関数を使って、投票数を降順で順位を表示しています。データは同じですが、商品C、Dの順位が異なりますね。

RANK.EQ関数の方は、4位表示が無く、商品C,Dのどちらも3位表示になります。

一方で、RANK.AVG関数の方は、3位と4位の平均をとり商品C,Dのどちらも3.5位表示になります。ここでの平均とは、『(3位+4位)÷2』で算出されます。

このように、どちらも順位を出すことができるため、どのような順位表示にするのかを決めて、2つの関数を使い分ければ問題なさそうですね。

RANK.AVG関数の書式
RANK.AVG関数の書式

↑なお、RANK.AVG関数の書式は上記の通りになります。RANK.EQ関数と同じになりますが、参考までに確認しておきましょう。

RANK.EQ関数とRANK.AVG関数の違いは、表示形式が異なるということだけだね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

RANK関数を卒業して、RANK.EQ関数を使おう!!

エクセルのRANK.EQ関数は、Excel 2010以降に追加された新しい関数です。RANK.EQ関数が追加される前は、RANK関数が使われていました。

RANK.EQ関数とRANK関数の機能は、全く同じなので今でも使えますが、Excel の将来のバージョンで使えなくなる可能性があるため、今後はRANK.EQ関数を使って順位を求めましょう。

さらに言うと、Excel 2010より前のバージョンでは、RANK.EQ関数は存在しないので使えません。もし、Excelの古いバージョンを使う場合は、RANK関数を使ってくださいね。

RANK.EQ関数のまとめ
  • RANK.EQ関数は、順位を求める関数で、ランク・イコールと読む
  • RANK.EQ関数は、Excel 2010以降に追加された新しい関数で、同じく順位を求めるRANK関数は、旧バージョンにあたる
  • 順位は、『降順』『昇順』を引数で指定することができる
  • RANK.EQ関数とRANK.AVG関数の違いは、複数の数値が同じ順位にあるときの表示形式が異なる

エクセルで順位を出す際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

平均値を求めるAVG関数については、エクセルで平均値を求める「AVERAGE関数」を簡単解説!!で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:
タグ:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事