使い方

エクセルの参照先や参照元を確認するトレース機能を紹介!

エクセル初心者
エクセル初心者
参照先を確認するトレース機能って何?使い方を教えてほしいな。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
参照先を確認するトレース機能は、とても便利だからぜひ活用してみるといいよ!くわしく解説するね!

今回は、参照先を確認するトレース機能について解説します。

エクセルのトレース機能
  • 選択中のセルの値に影響を与えるセルの『参照元』や『参照先』を矢印マークで表示させることができる

トレース機能を知っていれば、エラーが出たときなどにも確認できます。

エラー以外にも、参照先や参照元を確認できるので、とても便利です。

さらに『参照』について、くわしくまとめた記事はこちら≫エクセルの【参照】を徹底解説!便利な使い方や困ったことも解決!になるので、ぜひ参考にしてみてください。

タイトル
エクセルの【参照】を徹底解説!便利な使い方や困ったことも解決!エクセルの『絶対参照』と『相対参照』と『複合参照』について解説します。計算をする際に、『参照』はとても便利です。そして、その参照が『固定する』か『固定しない』か、などで使い方も変わってきます。少しややこしいですがエクセルの絶対参照などを覚えてぜひ活用してみてください。...

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルのトレース機能とは?

エクセルのトレース機能とは、選択中のセルの値に影響を与えるセルの『参照元』や『参照先』を矢印マークで表示させることができます。

矢印マークが表示されるので、どこから参照されているのか、どこから参照しているのかを視覚から確認できます。

今回は下記のデータを使ってトレース機能を解説します。

トレース機能について解説トレース機能について解説

↑『あ』と『い』に数値が入力されています。

『あ×い』の数式=B3*C3をE5セルに入力しています。

E9セルには『あ+い』の数式=B3+C3を入力しています。

この表を使って『参照先』と『参照元』それぞれのトレース機能を設定する方法を次の項目より、くわしく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

1 2 3
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。