ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】現在の日付を表示する「Ctrl+;」

タイトル

エクセルで資料作成や、データ作成に日付の入力は欠かせないですね。

日付は『/』で簡単に入力することも出来ますが、ショートカットキーを使うと更に入力するキー数も減り、時短になります。

現在の日付を入力することが出来る【Ctrl+;(セミコロン)】を紹介します。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+;コントロール + セミコロン

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

現在の日付を表示するショートカットキーの手順

請求書の日付を入力しよう請求書の日付を入力しよう

↑請求書を使い解説しましょう。

請求書は、発行する日付を入力します。

この請求書の場合はF1のセルに日付を入力しています。

ショートカットキーを使って入力するショートカットキーを使って入力する

↑F1のセルを選択し、現在の日付をショートカットキー【Ctrl+;(セミコロン)】で入力してみましょう。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールとセミコロンコントロールとセミコロンの場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「;」(セミコロン)を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②「;」(セミコロン)の順番で押しましょう。

現在の日付の入力完了現在の日付の入力完了

↑簡単に、現在の日付が入力されました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
キーボードから入力すると『3』と『/』と『3』と『0』の4回打つから時短になるね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。