ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】オブジェクトの表示と非表示の切り替え「Ctrl+6」

タイトル

エクセルで資料などを作成するときに、さまざまなオブジェクトを使います。

オブジェクトとは図形やグラフや画像などのことをさします。

そのオブジェクトを表示したり、非表示にするショートカットキー「Ctrl(コントロール)+6」を紹介します。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+6コントロール + 6

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

オブジェクトの表示と非表示の切り替えをするショートカットキー手順

オブジェクトがたくさん入ったデータオブジェクトがたくさん入ったデータ

↑上のような報告書があります。

こちらの報告書には、オブジェクトが何カ所かに挿入されています。

まず売り上げの良いフルーツに赤丸があります。

そして、提出日の注意事項、りんごのスタンプ、グラフ、というようにオブジェクトが挿入されています。

コントロールと6コントロールと6の場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「6」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②6の順番で押しましょう。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

オブジェクトの非表示オブジェクトの非表示

↑「Ctrl+6」のショートカットキーで、すべてのオブジェクトが非表示になりました。

表示したい時は、再度同じ作業をするだけで表示されます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
オブジェクトを非表示の状態でも印刷できるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。