ショートカットキー

文字を斜体にする設定と解除「Ctrl+3」

文字を右側に傾けることが出来るショートカットキー「Ctrl(コントロール)+3」を紹介します。

文字の装飾は、表を作成する際にも必要です。

目立たせることで表が、更に見やすくなります。

文字を右側に傾けるショートカットキーは「Ctrl+I(アイ)」も設定できます。

どちらも、同じ操作を行うことで解除できます。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+3コントロール + 3

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

文字を右側に傾ける斜体のショートカットキーの手順

セルを選択セルを選択

↑「Dr.オフィス」のセルを選択します。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」を押します。

「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールと3コントロールと3の場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「3」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②3の順番で押しましょう。

斜体完了斜体完了

↑簡単に「Dr.オフィス」の文字が右側に傾きました。

解除は、同じ操作を行うと元の書体になります。

文字を傾ける装飾は、「Ctrl+I(アイ)」でも出来ます。

使いやすい方のショートカットキーを覚えて操作してみてください。

≫「Ctrl+I」についてはこちら

Dr.オフィス
Dr.オフィス
ショートカットキーには、同じ操作をするキーもあるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。
暑中見舞いの締め切りは8/7です!梅雨が明けたら忘れる前に送りましょう。おすすめの暑中見舞い作成サービスをまとめました。
おすすめランキングはコチラ
おすすめの暑中見舞い作成サービスをランキング形式でまとめました。
詳細はコチラ