ショートカットキー

取り消し線の設定と解除「Ctrl+5」

文字に取り消し線を付けることが出来るショートカットキー「Ctrl(コントロール)+5」を紹介します。

変更前のデータに取り消し線を付け、あえて修正前のデータを残しておくことがあります。

そんな時に、取り消し線のショートカットキーで素早く、線を引くことが出来ます。

解除も同じ操作を行うことで簡単に解除できます。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+5コントロール + 5

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

取り消し線の設定と解除のショートカットキー手順

取り消し線を付けるセルを選択取り消し線を付けるセルを選択

↑「エクセルドクター」に取り消し線をつけてみましょう。

カーソルはA1を選択します。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールと5の場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「5」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②5の順番で押しましょう。

取り消し線の設定取り消し線の設定

↑「エクセルドクター」に取り消し線を付けることができました。

取り消し線を解除したい時は、同じ作業をします。

もう一度①Ctrlを押したまま→②2の順番で押すと、取り消し線が解除されます。

一部分だけ取り消し線の設定をする 一部分だけ取り消し線の設定をする[/caption]

↑セル内の一部分「ドクター」だけに取り消し線をつけてみましょう。

「ドクター」を選択します。

一部分だけ取り消し線の設定完了一部分だけ取り消し線の設定完了

↑①Ctrlを押したまま→②5の順番で押します。

選択した場所だけ取り消し線がつけれます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
あえてデータを残すときに取り消し線を使えるよ!
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。