ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】1画面分、左右に画面をスクロールする「Alt+PageUp」「Alt+PageDown」

タイトル

今回は、ショートカットキーを使い、見えている画面から、1画面分を左右にスクロールさせましょう。

【Alt+PageUp】は画面を左にスクロールします。

【Alt+PageDown】は画面を右にスクロールすることができます。

それぞれの方法を解説します。

◇記事内のショートカットキー◇

Alt+PageUpオルト + ページアップ
Alt+PageDownオルト + ページダウン

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

1画面分、左右に画面をスクロールするショートカットキーの手順

画面説明画面説明

↑分かりやすいようにエクセルに「1」「2」「3」と入力しました。

1画面分『1』1画面分『1』

↑「1」「2」「3」それぞれだけが1画面の収まるよう拡大しています。

左に1画面分スクロール

1画面分『2』1画面分『2』

↑「2」の画面が見えています。

【Alt+PageUp】を押して画面を左にスクロールしてみましょう。

Altの場所Altの場所

↑「Alt」はスペースキーを挟んで左右にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Alt」で解説します。

オルトとページアップの場所オルトとページアップの場所

↑「Alt」を押した状態のままで「PageUp」を押します。

「Alt」と「PageUp」は同時には押せません。

①Altを押したまま→②PageUpの順番で押しましょう。

左にスクロール左にスクロール

↑1画面分、左にスクロールできたので「1」が表示されています。

右に1画面分スクロール

1画面分『2』1画面分『2』

↑「2」の画面が見えています。

【Alt+PageDown】を押して画面を右にスクロールしてみましょう。

オルトとページダウンの場所オルトとページダウンの場所

↑「Alt」を押した状態のままで「PageDown」を押します。

「Alt」と「PageDown」は同時には押せません。

①Altを押したまま→②PageDownの順番で押しましょう。

右にスクロール右にスクロール

↑1画面分、右にスクロールできたので「3」が表示されています。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
矢印キーだと1セルづつしか移動できないので、ショートカットでスクロールすると早くできて時短になるね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。