ピボットテーブル

エクセル【ピボットテーブルの作り方】例を挙げて詳しく解説!!

エクセル初心者
エクセル初心者
ピボットテーブルを作りたいけど、作り方が分からないわ。突然、ピボットテーブルが現れるわけじゃなさそうだし。。。。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
ピボットテーブルの作り方は簡単だよ。基本的にドラッグ操作が中心だから、難しくないよ。これから解説するので、一緒に見ていこう!

今回は、ピボットテーブルの作り方について解説します。

エクセルで作成する一般的な集計表は、項目名や数値、計算式などを直接入力して完成させていきます。

また、集計表の種類に変更が発生した場合(例えば、支店別の集計表から商品別の集計表に変更)などは、元のデータから多少コピペを使ったとしても、ほとんど作り直しに近い変更となり、それなりに時間が掛かってしまいますよね。

一方で、ピボットテーブルの場合は、項目名や数値、計算式などを直接入力する必要はありません。集計表の種類に変更が発生しても、フィールドセクションからレイアウトセクションにフィールド名を配置することで、さまざまな集計表を短時間で簡単に作成できます。

ピボットテーブルの作り方簡単ステップ
  1. リストの任意のセルを選択
  2. [挿入]-[ピボットテーブル]を選択
  3. [ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスより設定
  4. [ピボットテーブルのフィールド]作業ウィンドウより任意の設定を行う

ピボットテーブルは、以上4ステップで作成することができます。

ピボットテーブルの基本については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルとは?基本から分かりやすく解説!!で詳しく解説しています。

タイトル
【エクセル】ピボットテーブルとは?基本から分かりやすく解説!!今回は、エクセルのピボットテーブルの基本を分かりやすく解説します。まずは、ピボットテーブルの基本操作や各部の名称を理解することが重要です。初心者がすぐに始められるピボットテーブルの使い方、作り方、更新、削除、編集の方法についてポイントをおさえて解説します。...

次項より、ピボットテーブルの作り方 2種類の基本パターンを紹介について詳しく解説するので、ぜひ読み進めてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。