ピボットテーブル

エクセル【ピボットテーブルの作り方】例を挙げて詳しく解説!!

エクセル初心者
エクセル初心者
ピボットテーブルを作りたいけど、作り方が分からないわ。突然、ピボットテーブルが現れるわけじゃなさそうだし。。。。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
ピボットテーブルの作り方は簡単だよ。基本的にドラッグ操作が中心だから、難しくないよ。これから解説するので、一緒に見ていこう!

今回は、ピボットテーブルの作り方について解説します。

エクセルで作成する一般的な集計表は、項目名や数値、計算式などを直接入力して完成させていきます。

また、集計表の種類に変更が発生した場合(例えば、支店別の集計表から商品別の集計表に変更)などは、元のデータから多少コピペを使ったとしても、ほとんど作り直しに近い変更となり、それなりに時間が掛かってしまいますよね。

一方で、ピボットテーブルの場合は、項目名や数値、計算式などを直接入力する必要はありません。集計表の種類に変更が発生しても、フィールドセクションからレイアウトセクションにフィールド名を配置することで、さまざまな集計表を短時間で簡単に作成できます。

ピボットテーブルの作り方簡単ステップ
  1. リストの任意のセルを選択
  2. [挿入]-[ピボットテーブル]を選択
  3. [ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスより設定
  4. [ピボットテーブルのフィールド]作業ウィンドウより任意の設定を行う

ピボットテーブルは、以上4ステップで作成することができます。

ピボットテーブルの概要については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルの基本から応用まで徹底解説!実は難しくない!初心者でも集計と分析が簡単にできるで詳しく解説しています。

タイトル
【エクセル】ピボットテーブルの基本から応用まで徹底解説!実は難しくない!初心者でも集計と分析が簡単にできる今回は、エクセルのピボットテーブルについて、解説します。ピボットテーブルとは、売上データや調査結果などの大量データを、さまざまな視点から素早く集計、分析ができる機能です。1つのリストに対して、その時々の要望に応じて瞬時に集計、分析ができるのでとても便利です。...
次項より、ピボットテーブルの作り方 2種類の基本パターンを紹介について詳しく解説するので、ぜひ読み進めてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。
暑中見舞いの締め切りは8/7です!梅雨が明けたら忘れる前に送りましょう。おすすめの暑中見舞い作成サービスをまとめました。
おすすめランキングはコチラ
おすすめの暑中見舞い作成サービスをランキング形式でまとめました。
詳細はコチラ