使い方

【エクセル】枠線を消す方法|セルの”薄いグレイの線”はさようなら

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルを開いたときに、セルごとに薄いグレイの線があるよね。この線って消すことできないのかな?ちょっとジャマで困っているんだよね。
エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルの『枠線』と『罫線』って種類が違うのかなぁ?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルに元から引いてある薄いグレイの線は『枠線』だよ!これは、簡単に消す(非表示にする)ことも、表示することも可能だよ!
『枠線』と『罫線』の違いについても本文で解説するね!

今回は、エクセルを開いたときに元から引いてある薄いグレイの枠線を消したり(非表示)、表示する方法について解説します。

枠線を消す簡単ステップ
  1. エクセルの表示タブを開く
  2. 表示の『目盛線』のチェックを外す
  3. グレイの枠線を全て消すことができる

以上の3ステップで簡単に枠線を消すことができます。

逆に、枠線を表示させるのも簡単です。目盛線にチェックを入れるだけです。

初期設定では、枠線は表示されています。セルごとに枠線があるので、区切りが見やすく分かりやすいですね。

そして、混合しがちな『枠線』と『罫線』についても次項より解説します。ぜひ読み進めてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルのシートすべての枠線を消す

エクセルの『枠線』を消してみましょう。

枠線枠線

↑『枠線』とは、このグレイの薄い線のことです。

どこまでも表示されています。1マス1マスに枠線がひいてあるので、マスの区切りが分かりやすいです。

目盛線目盛線

↑表示タブを開きます。

表示の目盛線の☑チェックをはずしましょう。

枠線を消した枠線を消した

↑とても簡単に枠線を消すことができました。

枠線がなくなったので、『セルG5を選択してください』と急に言われると選択しづらくなりました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
セルごとの枠線は『目盛線』って言うよ!
目盛線を消すと、ガイドの役割をしてたんだなー。って実感するね!



枠線を消したら、元に戻す方法も覚えよう

枠線を簡単に消すことができましたが、消したなら元の戻すことも必要になってくるかもしれません。

操作を覚えるときは、必ず元に戻す方法を覚えることをおすすめしています。

さて、枠線(目盛線)を元に戻す方法は、とっても簡単です。

チェックを入れるチェックを入れる

↑表示タブから『目盛線』に☑チェックを入れます。

枠線が元通り枠線が元通り

↑簡単に枠線(目盛線)が元に戻りました。

この表示タブの『目盛線』で自由に、枠線を消すこともできるし、表示させることもできる。ということです。

次項では、『一部分のセルの枠線を消す方法』について解説しています。

表示タブの目盛線は、すべての枠線を消すか表示するかだったので、一部分のセルの枠線を消す方法も参考にされてみてください。

一部分のセルの枠線を消すには?

部分的な場所だけ枠線を消してみましょう。

一部の枠線を選択一部の枠線を選択

↑B2:D5のセルの枠線を消します。

B2:D5セルを選択します。

塗りつぶし塗りつぶし

↑ホームタブの塗りつぶしの色を開きましょう。

白を選択白を選択

↑色は『白』を選びます。

B2:D5セルの枠線を消すことができました。

これは、セルに白色を塗って枠線を消しています。

戻すときは塗りつぶしなし戻すときは塗りつぶしなし

↑戻すときは、塗りつぶしの『塗りつぶしなし』を選択するだけで元に戻ります。

枠線に色を塗って、枠線を見えなくしています。この色を塗る方法を使えば、好きな場所、一部分の枠線を簡単に消すことができますね。

エクセルを開いたときに表示されているグレイの線は『枠線』です。では、『罫線』って何だろう?と思う方は、次項で詳しく解説しているのでぜひ読み進めてみてください。

エクセルの『枠線』って?『罫線』って?

今回、エクセルを開いたときに元から引いてある線を消す方法を紹介しました。

枠線枠線

↑この元からある線は『枠線』といいます。

枠線は、セルの境目を分かりやすくしている線になります。

ポイントは、枠線は見えていますが、印刷はされません。

枠線は見えるのに、印刷されない。

枠線があるとマスの場所が分かりやすい。ガイドの役目をしている。

罫線罫線

↑さて『罫線』はホームタブの『フォント』からセルに罫線を適用させた線のことをいいます。

セルの書式設定の『罫線タブ』からでも適用できます。そして罫線は、印刷ができます。

罫線、印刷できる。

罫線は、自分で必要なセルに線を引くことができる。

このように、『枠線』と『罫線』は違いがありました。

枠線がないとエクセルが見えづらい方、枠線があると煩わしい方、さまざまです。自分が一番使いやすい状態でエクセル作業をされてみてくださいね。

枠線(わくせん)セルの境界が分かりやすい。
印刷されない線。
罫線(けいせん)表やデータベースなど、自由に罫線を適用できる。
印刷もできる。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
枠線は、初期設定では印刷できないけれど、もし印刷するなら下記の方法もあるよ!

エクセルの枠線を印刷する方法は?

シートのオプションシートのオプション

↑ページレイアウトタブを開き、シートのオプションを見てみましょう。

枠線の『表示』と『印刷』があります。

印刷にチェック印刷にチェック

↑印刷の☑チェックを付けると、テキストが入っているセルの枠線を印刷することができます。

印刷プレビュー画面をショートカットキー『Ctrl+P』で見てみましょう。

プレビュー画面で確認プレビュー画面で確認

↑この場合は、『4』が入力されているG7のセルまでの枠線を印刷できます。

ちなみに、表示の☑チェックを外すと、枠線は消えます。

エクセルの『枠線』について解説しました。枠線は印刷できないけれど、ちょっとした便利技で簡単に印刷もできました。

ちょっとした便利技はふとした時に役に立つこともあります。ぜひ活用されてみてください。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。