【エクセル入力規則】ユーザー設定を活用するおすすめテクニック!複数の条件なども設定できる!

3 min 155 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルの入力規則を使って、同一セルに複数の条件を設定することってできるかな?
例えば、条件①または条件②なら入力できる!みたいな感じが作りたいんだよね。

それなら『入力規則のユーザー設定』で解決できるよ!
ユーザー設定は、応用がきくおすすめテクニック!いろんな便利技があるから紹介するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルの入力規則は、条件に当てはまる値だけ入力することができる便利技です。

そして、その入力規則をユーザー設定すると、さらに応用のきいた条件を設定することができます。

入力規則の応用テクニック!ユーザー設定でできること!
  • 複数の条件を同一セルに設定する【OR関数】
  • テキストだけを入力できるようにする【ISTEXT関数】
  • 指定範囲の値と同じ値だけ入力できるようにする【COUNTIF関数】
  • 半角だけ入力できるようにする【LEN関数・LENB関数】

事務経験10年以上の私が、実際に使っている『入力規則のユーザー設定テクニック』を紹介するね!
どれもすごく便利だから、ぜひ参考にしてみてね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

入力規則のユーザー設定は、数式を条件として設定できるので、本文ではそれぞれの数式をくわしく解説します。

さらに便利な『入力規則』について基礎からくわしく解説した記事がこちら≫【エクセル】入力規則を設定する基本から応用を徹底解説!仕事効率アップの秘訣!になります。

ぜひ参考にしてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルの入力規則はユーザー設定でさらに便利になる!

入力規則のユーザー設定に入れる数式を4つ紹介します。

  • 【OR関数】複数の条件を同一セルに設定する
  • 【ISTEXT関数】テキストだけを入力できるようにする
  • 【COUNTIF関数】指定範囲の値と同じ値だけ入力できるようにする
  • 【LEN関数・LENB関数】半角だけ入力できるようにする

複数の条件を同一セルに設定する【OR関数】

入力規則のユーザー設定で、同一セルに複数の条件を設定してみましょう。

番号または商品名を入力する条件
番号または商品名を入力する条件

A2セルには『番号』または『商品名』だけを入力することができるようにします。

データの入力規則ダイアログボックスを表示する
データの入力規則ダイアログボックスを表示する
  1. A2セルを選択する
  2. データタブを開く
  3. 『データの入力規則』をクリック
  4. データの入力規則ダイアログボックスが表示される
数式を入力
数式を入力

入力値の種類を『ユーザー設定』にしてください。

数式を入れる欄が表示されるので『=OR(COUNTIF(D2:D8,A2),(A2=C2:C8))』を入力します。

D列の商品名(D2からD8)、または、C列の番号(C2からC8)だけ入力ができる!っていう条件内容になるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

テキストだけを入力できるようにする【ISTEXT関数】

A2セルに、テキストだけを入力できるようにするには『ISTEXT関数』を使います。

データの入力規則ダイアログボックスを設定する
データの入力規則ダイアログボックスを設定する

A2セルを選択し、データの入力規則ダイアログボックスを表示させましょう。

入力値の種類は『ユーザー設定』にします。

数式には『=ISTEXT(A2)』を入力してOKを押してください。

これで、A2セルにはテキストだけ入力できるようになりました。

数値はエラーになって入力できない
数値はエラーになって入力できない

数値を入力するとエラーメッセージが表示されました。

テキストは入力できる
テキストは入力できる

テキストになると、入力できています。

指定範囲の値と同じ値だけ入力できるようにする【COUNTIF関数】

指定した範囲の値と同じ値だけ入力できる
指定した範囲の値と同じ値だけ入力できる

指定した範囲の値と、同じ値だけをA2セルに入力できるようにします。

A2セルを選択し、データの入力規則ダイアログボックスを表示させましょう。

データの入力規則ダイアログボックスから設定
データの入力規則ダイアログボックスから設定

入力値の種類は『ユーザー設定』にしてください。

数式には『=COUNTIF(C2:C8,A2)』を入力してOKを押します。

A2セルは、C列の商品名(C2からC8)と同じ商品名しか入力することはできません。

指定した範囲にない値は入力できない
指定した範囲にない値は入力できない

違う値などを入力するとエラーメッセージが表示されました。

半角だけ入力できるようにする【LEN関数・LENB関数】

LEN関数とLENB関数を使って、A2セルには半角しか入力できるようにします。

半角だけ入力できるように設定する
半角だけ入力できるように設定する

A2セルを選択し、データの入力規則ダイアログボックスを表示させて、入力値の種類は『ユーザー設定』にしてください。

数式には『=LEN(A2)=LENB(A2)』を入力してOKを押しましょう。

半角しか入力できないセル
半角しか入力できないセル

これで、A2セルは半角でしか入力できないようになりました。

ユーザー設定で入力規則を応用しよう!

エクセルの入力規則は、もともと便利な機能ですが、『ユーザー設定』をマスターすればさらに便利になることは間違いなしです。

同一セルに複数の条件を設定したい場合などは、入力規則の応用テクニックである『ユーザー設定』を活用してください。

ユーザー設定でできることをおさらいしてみましょう。

おさらい
  • 複数の条件を同一セルに設定する【OR関数】
  • テキストだけを入力できるようにする【ISTEXT関数】
  • 指定範囲の値と同じ値だけ入力できるようにする【COUNTIF関数】
  • 半角だけ入力できるようにする【LEN関数・LENB関数】

入力規則は、共有するデータなどに設定することで、入力方法の統一ができます。

ぜひ活用してみてください。

さらに便利な『入力規則』について基礎からくわしく解説した記事がこちら≫【エクセル】入力規則を設定する基本から応用を徹底解説!仕事効率アップの秘訣!になるので、こちらも参考にしてみてください。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事