楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

今さら聞けない!エクセルで数字の先頭に『0』を表示する方法を解説!

5 min 313 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルで数字の『0』から表示させたいのに、どうしてもできない。先頭の『0』を表示する方法を教えて!

エクセルで先頭の『0』を表示する方法は簡単だよ。これから詳しく解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、エクセルで『0(ゼロ)を表示する』方法について、解説します。

エクセルで『0(ゼロ)を表示する』というと、あまりピンとこないかもしれませんが、1番分かりやすい例は、電話番号や郵便番号の先頭に『0』を表示したい場合です。

電話番号を入力したのに先頭の『0』が消えていると、困りますよね。

この記事を読むと、エクセルで数字の先頭に『0』を表示する方法について、理解することができますよ。

エクセルで数字の先頭に『0』を表示する4つの方法
  1. 文字列として『0』を表示する
  2. 数値の先頭に『’(シングルクォーテーション)』を入力する
  3. 数値として『0』を表示する
  4. TEXT関数を設定する

PCサポート歴10年以上の私が、『エクセルで0(ゼロ)を表示する』方法について、詳しく解説するよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを新規で開き、『001』と数字を入力すると、『1』のみが表示されます。

先頭の『0』を表示するには、『文字列』として表示する方法と『数値』として表示する方法があります。

どちらの表示方法も簡単に設定できるので、一緒に確認してみましょう。

また、エクセルで『0(ゼロ)を表示しない』方法については、≫【エクセル】0(ゼロ)を表示しない方法を解説!書式設定や関数でラクラク非表示!で詳しく解説しています。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

【エクセル】先頭の『0』を表示する4つの方法

ここでは、電話番号や郵便番号、『001』『002』『003』のように、先頭に『0』が付いた数字を表示する4つの方法を順番に解説します。

1.文字列として『0』を表示する

Excelのセルの表示形式は、『標準(特定の書式を指定していない)』に初期設定されています。

それでは、セルの表示形式を『文字列』に変更しましょう。

リボンから文字列に変更

リボンのメニューから文字列に変更する
リボンのメニューから文字列に変更する
  1. 『0』を表示したいセルを選択
  2. [ホーム]タブを選択
  3. [数値の書式]のプルダウンを選択
  4. [文字列]を選択
『文字列』と『数値』の表示を比較
『文字列』と『数値』の表示を比較

[数値の書式]のプルダウンから『文字列』に設定したセルに、『001』から『004』を入力すると、『0』を先頭に値が左揃えで表示されましたね。

セルの配置設定を左揃えに指定していないのに、セルの値が左揃えで表示された場合は、Excelがセルの値を『文字列』として認識していることになります。

逆に右揃えの場合は、Excelがセルの値を『数値』として認識していることになります。

『001A』や『001-』のように数字と文字列の組み合わせの場合は、Excelが自動的に『文字列』と認識するため、表示形式を変更することなく、先頭の『0』が表示されます。

右クリックから文字列に変更

右クリックメニューから文字列に変更する
右クリックメニューから文字列に変更する
  1. 『0』を表示したいセルを右クリック
  2. [セルの書式設定]を選択
[表示形式]-[文字列]を選択
[表示形式]-[文字列]を選択

『セルの書式設定』が表示されたら、下記の通りに設定しましょう。

  1. [表示形式]タブを選択
  2. [文字列]を選択
  3. [OK]を選択
『0』を先頭に左揃えで値が表示される
『0』を先頭に左揃えで値が表示される

表示形式を『文字列』に設定したセルに『0002』を入力すると、『2』ではなく『0002』が左揃えで表示されましたね。

『文字列』として『0』を表示するには、値を入力する前に表示形式を設定する必要があります。
『001』を入力後に表示形式を『文字列』に変更した場合は、『1』のみが左揃えで表示されますが、『001』と入力し直すと『0』を表示することができます。

『-(ハイフン)』なしの電話番号や郵便番号を入力する場合は、あらかじめ『文字列』設定をしておくと便利だね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

2.数値の先頭に『’(シングルクォーテーション)』を入力する

『0』を表示したい数値の先頭に『’(シングルクォーテーション)』を入力すると、『文字列』として表示されます。

『'(シングルクォーテーション)』を先頭に入力する
『’(シングルクォーテーション)』を先頭に入力する

『001』と表示したい場合は、Shift+7で『’(シングルクォーテーション)』を先頭に入力し、続けて『001』と入力すると簡単に『0』を表示することができますよ。

シングルクォーテーションについては、≫【エクセル】シングルクォーテーションをつけると表示できる便利技で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

3.数値として『0』を表示する

ユーザー定義には何通りもの種類がありますが、ここでは『000』の表示形式を使った方法を解説します。

『000』の表示形式を使った以外の方法については、『0(ゼロ)表示するユーザー定義のいろいろ』で解説します。

[セルの書式設定]を選択
[セルの書式設定]を選択
  1. 『0』を表示したいセルD1からセルD4を選択
  2. 右クリックして[セルの書式設定]を選択
[ユーザー定義]-[種類]に[000]を入力
[ユーザー定義]-[種類]に[000]を入力

『セルの書式設定』が表示されたら、下記の通りに設定しましょう。

  1. [表示形式]タブを選択
  2. [ユーザー定義]を選択
  3. [種類]-[000]を入力
  4. [OK]を選択
少ない文字数の入力で『0』を表示できる
少ない文字数の入力で『0』を表示できる

セルに数字を入力しましょう。

  1. セルD1→[0]を入力
  2. セルD2→[1]を入力
  3. セルD3→[2]を入力
  4. セルD4→[10]を入力

少ない文字数の入力で、先頭に『0』を表示することができましたね。

また、[ユーザー定義]-[種類]-[0000]と設定すると、『1』を入力したときに『0001』と表示することができます。

[ユーザー定義]-[種類]には、表示したい『0』の桁数を設定するんだね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

4.TEXT関数を設定する

『0』を表示したいセルに、TEXT関数を設定してみましょう。

ポイント

TEXT関数とは

=TEXT(値、表示形式)

意味:セルの数値を書式(表示形式)を設定して文字列として変換する関数です。

TEXT関数を設定
TEXT関数を設定

下記の通りに、TEXT関数を設定します。

  • =TEXT(A2,”000″)

セルB2に『001』と表示されたら、セルB6までコピーをしましょう。

このように、TEXT関数で『0』を表示することができます。

TEXT関数の使い方については、≫【エクセルで日付や曜日を自動で入力するスケジュール表を簡単作成!!で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

エクセルの空欄に『0』を表示させるには?

エクセルの空欄すべてに『0』を表示させる方法
エクセルの空欄すべてに『0』を表示させる方法

上記表の空白セルにすべて『0』を表示させるには、空白のセルのみを選択する必要があります。

[検索と選択]-[条件を選択してジャンプ]を選択
[検索と選択]-[条件を選択してジャンプ]を選択
  1. 表全体を選択
  2. [ホーム]タブを選択
  3. [編集]-[検索と選択]を選択
  4. [条件を選択してジャンプ]を選択
選択オプションで[空白セル]を選択
選択オプションで[空白セル]を選択

『選択オプション』が表示されたら、下記の通りに設定しましょう。

  1. [空白セル]を選択
  2. [OK]を選択
空白セルのみが選択される
空白セルのみが選択される

表の空白セルのみが選択されましたね。

続けて、上記で選択された空白セルに、『0』を入力します。

『0』を一括で表示できる
『0』を一括で表示できる
  1. アクティブセルに[0]を入力
  2. Ctrl+Enterを押して確定

選択されている空白セルに、『0』を一括で表示することができましたね。

このように、エクセルの空欄に『0』を表示させることができます。

不規則な空白セルにも一括で『0』を表示できるのは、とても便利だね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

『0(ゼロ)を表示する』には数値と文字列を意識しよう

今回は、エクセルで『0(ゼロ)を表示する』方法について、解説しました。

先頭に『0』の付いた数字(電話番号や郵便番号など)を表示するには、数字を『文字列』として認識させることが必要でしたね。

数値として『0』を表示する場合は、ユーザー定義で桁数を指定すると、少ない文字数で入力が完了するので、とても便利です。

また、数字と文字列の組み合わせの場合は、Excelが自動的に『文字列』と認識します。

その場合は、表示形式の設定を変更することなく、先頭に『0』が表示されることを覚えておきましょう。

最後に、エクセルで数字の先頭に『0』を表示する4つの方法について、おさらいします。

おさらい
  1. 文字列として『0』を表示する
  2. 数値の先頭に『’(シングルクォーテーション)』を入力する
  3. 数値として『0』を表示する
  4. TEXT関数を設定する

ブック全体の表示形式を『文字列』にしてしまうと、計算結果が出ない場合があります。

必要なセルだけに『0』を表示するように設定しましょう。

また、エクセルで『0(ゼロ)を表示しない』方法については、≫【エクセル】0(ゼロ)を表示しない方法を解説!書式設定や関数でラクラク非表示!で詳しく解説しています。

カテゴリー:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事