使い方

エクセルの【配列数式】って知ってる?複数の値をいっぺんに計算できる便利技

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルの計算データを処理していると『配列の一部を変更することはできません。』て、表示されたよ。これって何かなぁ?
エクセル初心者
エクセル初心者
計算式が波括弧{}で、囲まれてる式だよね!
私も、セル内の式に触れないから何だろうって思っていたんだ!
Dr.オフィス
Dr.オフィス
それは、配列数式を使っているんだよ!
配列数式は、複数のセルのデータをいっぺんに計算することもできる便利技なんだよ!

共有するエクセルデータが多い場合、他ユーザーが作成したエクセルデータでは、配列数式を使用しているかもしれません。

配列数式と知らずに編集などをすると『配列の一部を変更することはできません。』と注意メッセージが出ることがあります。

今回は、配列数式について詳しく解説するので、ぜひ参考にされてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルの【配列数式】とは

配列数式とは、どのような数式でしょうか?

配列数式配列数式

↑配列数式は、複数のセルの値をいっぺんに計算し、複数のセルで計算結果を求めることができます。

総合計を求める総合計を求める

↑配列数式は、複数の商品単価と個数の計算結果を小計を計算せずに、総合計を求めることができます。

そして数式の見た目も、変わっています。

配列数式は、『波括弧{}』で、囲まれた数式になります。

最初と最後に『波括弧{}』が入力されています。

Ctrl+Shift+Enterの場所Ctrl+Shift+Enterの場所

↑そして配列数式は、入力確定する際に『Ctrl+Shift+Enter』を押して確定させます。

『配列数式』は便利ですが、配列数式の内容を知らないと、編集もできない・削除もできない・注意メッセージが表示される・・・と余計に手間がかかってしまいます。

しっかりと配列数式をマスターして、仕事の効率アップにつなげましょう。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
配列数式は、入力確定の『Ctrl+Shift+Enter』の頭文字を取って、『CSE数式』とも言うよ!



エクセルの配列数式を使って計算しよう

フルーツ売上表を使って『配列数式』を解説していきます。

複数のデータの計算結果を複数のセルで表示する

売上金額を求める売上金額を求める

↑フルーツ売上表のD列『売上金額』を求めます。

配列数式の入力配列数式の入力

↑D3:D12を選択し、D3セルに『=』を入力し、マウスでB3:B12をドラッグします。

単価×個数単価×個数

↑『単価×個数』をするので『*』を入力し、マウスでC3:C12をドラッグします。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
ここで『Enter』を押さないでね!!
Ctrl+Shift+Enterの場所Ctrl+Shift+Enterの場所

↑『Ctrl+Shift+Enter』を押しましょう。

売上金額がいっぺんに計算された売上金額がいっぺんに計算された

↑D3:D12セルに、いっぺんに『単価×個数』の売上金額が表示されました。



複数のデータの計算結果を1つのセルに表示する

総売上金額総売上金額

↑フルーツ売上表のD列には総売上金額しか表示するセルがありません。

D3セルを選択し『=SUM(』を入力します。

マウスでB3:B12をドラッグし、選択します。

配列数式の入力配列数式の入力

↑『*』を入力し、C3:C12を選択し、『)』で閉じます。

D3セルには『=SUM(B3:B12*C3:C12)』と入力された状態です。

Enterだけは押さずに、『Ctrl+Shift+Enter』を押しましょう。

総売上金額をいっぺんに計算総売上金額をいっぺんに計算

↑『単価×個数』から小計を求めずに、D3セルに総売上金額を計算することができました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
『波括弧{}』は手入力すると、機能しないよ!
必ず『Ctrl+Shift+Enter』で入力確定だよ!



配列数式の修正方法

配列数式で計算されているセルをダブルクリックしてみましょう。

配列数式の修正配列数式の修正

↑D3セルをダブルクリックしました。

『B3:B12』と『C3:C12』をかけている数式ですね。

確認したのでEnterを押し、元に戻しましょう。

注意メッセージ注意メッセージ

↑『配列の一部を変更することはできません。』と注意メッセージが出てしまいました。

配列数式を使っているセルは『Ctrl+Shift+Enter』で閉じるか、『Esc』で解除します。

いったん、『Ctrl+Shift+Enter』で閉じましょう。

値引き額を追加値引き額を追加

↑F列に値引き額のデータを追記しました。

この値引き額を『配列数式』を使って求めた売上金額に反映させましょう。

値引きの列を追加値引きの列を追加

↑D3セルをダブルクリックします。

数式の最後に『-F3:F12』を追記し、『Ctrl+Shift+Enter』で入力確定しましょう。

配列数式の修正完了配列数式の修正完了

↑D3:D12セルは値引き額も計算され、いっぺんに修正し表示することができました。



配列数式を削除するには

配列数式を削除する方法を解説しましょう。

注意メッセージ注意メッセージ

↑配列数式で計算されているD3セルを『Delete』すると『配列の一部を変更することはできません。』と注意メッセージが表示されました。

BackspaceではBackspaceでは

↑D3セルを『Backspace』すると、数式が消えます。

しかし、Enterが押せずにマウスも効かなくなります。

Escを押して解除してあげると、元の状態に戻ります。

Escについてはこちら≫【エクセルのショートカットキー】「Esc」は選択解除、入力削除、キャンセルなどできる便利技を参考にされてみてください。

削除するには削除するには

↑配列数式を削除するには、まず配列数式で入力したセルをすべて選択してDeleteします。

配列数式を入力したD3:D12を選択すれば、削除することができます。

配列数式の削除完了配列数式の削除完了

↑一部のセルだけを削除できないので、必ず配列数式を入力したすべてのセルを選択しましょう。

配列数式を知らない場合では、編集や削除などができずに、注意メッセージが表示されるなど、困ったという経験をされた方が多くいました。

ぜひ配列数式をマスターしてエクセル作業の効率アップにつなげましょう。

タイトル
エクセルで足し算が簡単にできる【SUM関数】で合計値を求めよう!エクセルでは、合計を求める表計算を作成することが多いです。合計を求める関数【SUM(サム)関数】について解説します。SUM関数はもっとも使用頻度の高い関数です。足し算がとても簡単にできます。エクセルではオートSUMボタンも準備されていて、マウスから簡単に操作できます。fxボタン、注意点なども解説します。...
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。