使い方

【エクセルで文字の連結】&(アンパサンド)を使って簡単に!

エクセル初心者
エクセル初心者
住所録のデータで『〇〇県』と『○○市』が別のセルに入力されているんだけど、『○○県○○市』とつなげて表示させたいな。やっぱり1個1個入力しないとダメかなぁ?
エクセル初心者
エクセル初心者
私はネットからコピーしたデータが、別々のセルにペーストされているから、ひとつにまとめたいなぁって思ってたの。簡単にまとめたいなぁ!
Dr.オフィス
Dr.オフィス
それなら、文字の連結をする『&(アンパサンド)』の出番だね!少量のデータであれば、手入力で文字を連結することもできるかもしれない。けれど、大量のデータだったら・・・恐ろしいね。『&(アンパサンド)』なら簡単にいっぺんに文字を連結できるので、ぜひ参考にしてみてね!

今回は、文字を連結する『&(アンパサンド)』について解説します。

AセルとBセルの文字を簡単に連結し、Cセルに表示させることができます。

既存データを連結させる場合や、ネットからコピーして貼り付けをしたデータでも、簡単に文字を連結できるので手順を見てみましょう。

文字の連結『&(アンパサンド)』
  1. 連結した文字を表示するセルを選択し『=』を入力する
  2. 連結したいセルを選択し『&』を入力する
  3. さらに連結したいセルを選択し確定する

以上の3ステップで、文字を連結させることができます。

とても簡単です。そして、『空白(スペース)』や『セル内改行』も一緒に表示させることもできます。

文字の連結は『&(アンパサンド)』だけではなく、関数の『CONCATENATE(コンカティネート)関数』も使えるので、そちらについても後で解説していきます。

『&(アンパサンド)』を使っての文字の連結について詳しい解説は、次項より画像を踏まえながら進んでいくので、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

1 2 3 4
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。