ショートカットキー

列幅を自動調整「Alt→O→C→A」

列幅を自動調整することができるアクセスキー【Alt→O→C→A】を紹介します。

入力した文字が、セルからはみ出てても、このアクセスキーで簡単に列幅を最適な幅に自動調整してくれます。

ぜひ活用されてみてください。

◇記事内のアクセスキー◇

Alt→O→C→A オルト → オー → シー → エー

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

列幅を自動調整するアクセスキーの手順

アクセスキーとは、Altキーを押すと表示される画面の英数字を順番に押して操作していきます。

ショートカットキーのように『押しながら』では、ありません。

『順番に押していく操作』になります。

セルからはみ出た文字セルからはみ出た文字

↑『エクセルドクター』を入力したセルがあります。

A1セルから、文字がはみ出しています。

列幅を調整するセルを選択列幅を調整するセルを選択

↑A1セルを選択した状態で、アクセスキー【Alt→O→C→A】を順番に押します。

Altの場所Altの場所

↑【Alt】はスペースキーを挟んで左右にあるので使いやすい方の【Alt】を1回押しましょう。

今回は左側の【Alt】で解説します。

Alt→O→C→Aの順に押すAlt→O→C→Aの順に押す

↑【Alt】を押すと英数字が表示されます。

次に【O】を押しましょう。

次に【C】を押し、続けて【A】を押します。

自動調整完了自動調整完了

↑A列が、A1セルに入力された文字幅に自動調整されました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
選択しているセルの文字幅ぴったりに自動調整してくれるアクセスキーだよ!
転職を考えている人におすすめ!

あなたがもし転職を考えていたら、次のような悩みはありませんか?

  • 自分に向いている仕事はなんだろう?
  • 自分の強みはなんだろう?
  • 転職したいけど、自分に合った仕事の探し方がわからない。

このような悩みをお持ちなら、「ミイダス」の転職アプリがおすすめです。

ミイダスは次の3種類の診断を完全無料でおこなうことができます。

ミイダスにできる3つの診断コンテンツ
  • ミイダス市場価値診断
  • コンピテンシー診断
  • パーソナリティー診断

上記の診断結果を見て自分に適した転職先を見いだすことができます。

ミイダスの提携企業

さらにミイダスで市場価値を測定すると、上記のミイダスに登録されている企業170,000社から直接オファーが届く場合もあります。

中には面接確約オファーなどもあり、転職活動をしたいという方にぴったりのサービスです。

転職を少しでも検討しているかたは、まずは無料で登録して、自分の価値をしっかりと見つめなしてみませんか!

すでに44万人が登録していて、毎月2万人が登録中のミイダスがあなたの転職をサポートしてくれます。
無料で自分の市場価値を調べてみる≫