使い方

【エクセル】ブックの保護を解除する方法は?

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルのブックの保護は、どうやって解除するのかな?保護をする必要がなくなったから解除しておきたいんだけど。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルのブックの保護を解除する方法は、設定したパスワードを忘れていなければ、とても簡単だよ。パスワードを忘れてしまった場合の対処方法も合わせて紹介するね。

今回は、パスワードで暗号化したエクセルのブックの保護を解除する方法を解説します。

前回の記事では、いくつかあるエクセルのブックの保護の方法の中から、ブック内のシートの構成を保護する方法と、ブックにパスワードを設定して暗号化するブックの保護方法について解説しました。

ブックの保護を設定すると、アクセス制限がされます。設定当初は良かったけど、後日、解除が必要になることは、よくあることです。

例えば、シートの追加、削除が必要な時、またブックのパスワードが不要な時や、パスワードの変更をする際には、1度ブックの保護の解除が必要になります。

エクセルのブックの保護を設定したために、不便になってしまってはもったいないです。
どの機能に対してもですが、設定と解除は2つセットで覚えておきたいですね。

パスワードで暗号化したエクセルのブックの保護を解除する簡単ステップ
  1. [ファイル]を選択しBackstage(バックステージビュー)を開く
  2. [情報]-[ブックの保護]-[パスワードを使用して暗号化]を選択
  3. パスワード欄を削除し空白にする
  4. [OK]を選択

以上の4ステップで、パスワードで暗号化したエクセルのブックの保護を解除できます。

ブック内のシートの構成を保護する方法と、ブックにパスワードを設定し、暗号化してブックを保護する方法については、エクセル【ブックの保護】とは?他人に見られないように暗号化して安全性を高めようで、詳しく解説しているので参考にしてみてください。

タイトル
エクセル【ブックの保護】とは?他人に見られないように暗号化して安全性を高めよう今回は、エクセルのブックの保護の方法について解説します。エクセルのブックの保護とは、ブック内のシートの構成を保護する機能です。また、ブックにパスワードを設定し暗号化してブックを保護することもできます。最低限のセキュリティ対策になるので、ぜひ活用してみましょう。...

次項より、パスワードで暗号化した『ブックの保護』を解除する方法について詳しく解説するので、ぜひ読み進めてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3 4
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。