ショートカットキー

関数の挿入をする「Shift+F3」

エクセルでは表計算をする時に関数を使います。

関数は、セルに直接入力したり、『関数の挿入』ダイアログボックスから必要な関数を選ぶことも出来ます。

ショートカットキー【Shift+F3】で『関数の挿入』ダイアログボックスを表示させることが出来ます。

今回は【Shift+F3】について解説します。

◇記事内のショートカットキー◇

Shift+F3 シフト + F3

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

関数の挿入ダイアログボックスを表示するショートカットキーの手順

フルーツ売上表の売上合計個数を計算します。

合計を出すセルを選択合計を出すセルを選択

↑B10のセルを選択します。

ショートカットキー【Shift+F3】を押しましょう。

シフトの場所シフトの場所

↑「Shift」はキーボードの両サイドにあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Shift」で解説します。

シフトとF3の場所シフトとF3の場所

↑「Shift」を押した状態のままで「F3」を押します。

「Shift」と「F3」は同時には押せません。

①Shiftを押したまま→②F3の順番で押しましょう。

関数の挿入関数の挿入

↑関数の挿入ダイアログボックスが表示されました。

合計を検索合計を検索

今回は合計を求めたいので『合計』を検索します。

SUM関数SUM関数

↑合計を計算する『SUM関数』選択しOKを押します。

引数の確認引数の確認

↑関数の引数を選択します。

自動で合計するセルの範囲を選択されています。

間違いないか確認し、良ければOKを押しましょう。

合計を求めることが出来た合計を求めることが出来た

↑売上合計個数を求めることが出来ました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
マウスであれば『fxボタン』で関数の挿入ダイアログボックスを表示できるよ!
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。