ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】選択しているセルを編集する「F2」

タイトル

エクセルで入力した後はEnterを押し確定させます。

再度、そのセルに追記や訂正などする場合、マウスでダブルクリックすると編集可能になりますね。

この作業もマウスではなく、ショートカットキー【F2】で素早く解決することが出来ます。

ショートカットのF2で編集するときは、常にセルの末尾にカーソルが表示されています。

マウスの場合は、ダブルクリックした場所にカーソルが表示されます。

今回は、編集するショートカットキーを紹介しますね。

◇記事内のショートカットキー◇

F2ファンクションキー2

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

選択しているセルを編集するショートカットキーの手順

入力が確定しているセル入力が確定しているセル

↑A1の「あいうえおかきくけこ」は入力が確定しています。

続きの「さしすせそ」を入力します。

F2の場所F2の場所

↑編集を行いたいのでA1のセルを選択し、ショートカットキー【F2】を押しましょう。

編集可能な状態編集可能な状態

↑文字の末尾にカーソルが表示されました。

編集完了編集完了

↑「さしすせそ」を入力しEnterを押しましょう。

矢印キーの場所矢印キーの場所

↑カーソルの移動は矢印キーで動かすことができます。

大変便利なショートカットキー【F2】をぜひ使ってみてください。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
カーソルの場所をどこに表示したいかでショートカットキー【F2】とマウスのダブルクリックを使い分けてもいいね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。