ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】マクロを編集するVBEを表示する「Alt+F11」

タイトル

エクセルには、作業を自動化する便利なマクロ機能があります。

今回は【Alt+F11】でマクロのコードを編集できるVBEを起動するショートカットキーを紹介します。

マクロはVBEを使いコードを編集することが出来ます。

マクロを使いこなすことで作業が楽になり入力ミスも防止でき、作業効率が上がります。

マクロの『VBE』をショートカットキーで開いてみましょう。

◇記事内のショートカットキー◇

Alt+F11オルト + F11

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

マクロを編集するVBEを表示するショートカットキーの手順

エクセルのマクロを編集するVBEを起動させましょう。

VBEはショートカットキー【Alt+F11】を押すだけで起動させることが出来ます。

Altの場所Altの場所

↑「Alt」はスペースキーを挟んで左右にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は右側の「Alt」で解説します。

オルトとF11の場所オルトとF11の場所

↑「Alt」を押した状態のままで「F11」を押します。

同時には押せません。

①Altを押したまま→②F11の順番で押しましょう。

VBE起動VBE起動

↑マクロのVBE画面が起動されました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
マクロはとっても便利な機能なので、覚えると作業効率があがるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。