使い方

エクセルの【予測シート】で今後の傾向を予測しグラフ化!

エクセル初心者
エクセル初心者
上司から『売上金額の予測シートを作成して資料に添付するように』って言われたんだけど、『予測シート』ってなにかな?
エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルって『データの予測』もできちゃうの?私も方法を知りたいです!
Dr.オフィス
Dr.オフィス
そうなんだ。エクセルで、データから『今後を予測する』機能があるんだよ。
売上も、データをもとに予測してくれるよ!
グラフにするからとても見やすいので、さっそく試してみよう!

今回は、エクセルの『予測シート』について解説します。

データをもとに、今後の予測をグラフ化して表示してくれるので大変便利です。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルの予測シートはスゴイ!

今あるデータから、未来の予測データを求めることができる『予測シート』を紹介します。

予測シートとは予測シートとは

↑売上金額を時系列で集計しているデータを『予測シート』で表示すると、上記のようなグラフとテーブルが出来上がります。

青い線は、現在の売り上げ金額データから表示されています。

オレンジ色の線は、現在のデータから『予測したデータ』になります。

予測の線は3本あります。

真ん中の線は『予測』になり、上下の線は『信頼下限』と『信頼上限』になります。

この信頼区間内が、今後の売上を予測したものになります。

この予測シートを作成してみましょう。



エクセルの予測シートで今後の傾向を予測したグラフを作成

いちごの売上データを使って解説します。

データタブからデータタブから

↑時系列のデータを見出しから選択します。

A2:B12までを選択しました。

データタブの『予測シート』をクリックしましょう。

予測終了日予測終了日

↑『予測ワークシートの作成』ダイアログボックスが表示されました。

予測終了をカレンダーから選択します。

今回は、『12/31』にしました。

オプションオプション

↑オプションでは、さらに細かく設定することができます。

良ければ『作成』ボタンを押します。

予測のテーブルとグラフ予測のテーブルとグラフ

↑新しいシートに今後を予測したテーブルと、先ほどのグラフが表示されます。

こちらのデータを資料などに使用されてみてください。



予測シートのグラフは先に『折れ線』か『棒』で決める

データタブからデータタブから

↑データを選択し、データタブから『予測シート』を開くと、『予測ワークシートの作成』ダイアログボックスが表示されます。

グラフの選択グラフの選択

↑この時点で、右上の『折れ線グラフ』にするか『棒グラフ』にするかを選択しましょう。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
予測シートは、あとからグラフの変更ができないよ!



予測シートの予測区間を表示しない

予測区間予測区間

↑予測シートは、予測の『信頼下限』と『信頼上限』が表示されます。

この、上限と下限を表示しないには、『予測ワークシートの作成』ダイアログボックスでのオプション設定になります。

オプションから設定オプションから設定

↑予測ワークシートの作成のオプションを開きます。

信頼区間のチェックを外すと上限と下限は表示されなくなります。

上限と下限を削除上限と下限を削除

↑上限と下限を表示した状態で予測ワークシートの作成をしてしまった場合は、グラフの上限と下限を選択し、Deleteをしましょう。

するとグラフから、上限と下限を簡単に削除することができます。

不要なテーブルも削除不要なテーブルも削除

↑テーブル部分も不要な列は削除しましょう。

予測区間非表示予測区間非表示

↑このように予測区間を表示させない『予測シート』も作成することができました。

こちらも、とても簡単にできます。

そして、テーブルとグラフで表示され、とても分かりやすく見やすいです。

今後の予測をもとに、さらに良い資料作成を心がけてみましょう。

他のグラフについてはこちら≫【エクセルグラフ】グラフの作成・編集~初級編~でも解説しています。

ぜひ参考にされてみてください。

タイトル
【スパークライン】エクセルの表データをセルに表示する小さなグラフエクセルのスパークラインについて解説します。スパークラインとは、セルに小さいグラフを挿入することができる機能になります。セルにグラフを挿入することで可視化され分かりやすいデータになります。普通の大きなグラフまでは必要ない場合などは、『スパークライン』のグラフで見やすくしてみましょう。...
タイトル
【エクセル】ドーナツグラフの作り方!基本から応用までエクセルでドーナツグラフの作成方法 ①ドーナツグラフにする元データの範囲を選択する ②挿入タブから『グラフ』の『円またはドーナツグラフ』を開く ③『ドーナツグラフ』を選択する ④ドーナツグラフの完成。 とても簡単にドーナツグラフを作成できます。他にもさまざまな設定が行えます。本文で解説します。...
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。