楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

エクセルのゴールシークの使い方を徹底解説!目標達成に必要な値を求めよう!

3 min 580 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルのゴールシークの使い方を教えてほしいな。売上目標から必要な販売個数を計算することができるって聞いたんだけど。

エクセルのゴールシークなら簡単にできるよ!目標から必要な個数を逆算する方法を解説するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本記事は下記の動画でも解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

今回はエクセルの「ゴールシーク」を使って、逆算を行う方法について解説します。

これを使えば、逆算のための数式を考えなくてもいいので、とても便利です。

エクセルのゴールシークを使う簡単ステップ
  1. 求めたい値のセルに数式を入力
  2. 『データ』-『What-If分析』-『ゴールシーク』を選択
  3. 数式入力セルの欄に1で数式を入力したセルを指定
  4. 目標値の欄に求めたい目標の数値を手入力
  5. 変化させるセルの欄に逆算した結果を求めたいセルを指定
  6. OKをクリックして結果を表示

事務職10年以上の私が、よく使っている「ゴールシーク」を紹介します!ぜひ参考にしてね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルの「ゴールシーク」は、表に元々入力されている数式を使って、必要な値を逆算する機能です。

なので、数式を考えるのが苦手な方でも簡単に逆算できますよ。

ぜひ使いこなして仕事効率アップを目指しましょう。

※本記事は『OS:Windows11』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルのゴールシークとは?

エクセルのゴールシークとは、逆算することができる機能です。

まず希望の計算結果を先に決めます。そして、その希望の計算結果を出すためにエクセルが逆算して『必要な値』を求めます。

逆算値を求める場合、通常ならば数式を作る必要があります。

しかし、ゴールシークの機能を使えば、数式は不要!数式を作る手間も省けて簡単です。

  • 数式を作成するのに自信がない・・・
  • 数式を作るのが面倒くさい・・・
  • そもそも計算が苦手だ・・・

なら、エクセルの便利な機能『ゴールシーク』で逆算しよう!!!

苦手な数式もエクセルのゴールシークにまかせておけば安心だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルのゴールシークの使い方

さっそく、ゴールシークの使い方を見ていきましょう!

今回は『単価800円の商品』を『売上目標50万円』にするために『販売する個数』を求めます。

元の表を作成する

まずは販売個数、商品単価、売上目標の表を作成します。

表を作成する
表を作成する

C6セルには【=C4*C5】販売個数×商品単価の数式が入っています。

販売個数と商品単価で、売上目標が簡単に出せる表だね!今は、分かりやすいように【販売個数・商品単価・売上目標】のすべてを入力しているよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

この表を使ってゴールシークで『売上目標50万円』にするために『販売する個数』を求めます。

ゴールシークを実行する

  1. STEP

    ゴールシークを設定する

    ゴールシークを設定する
    ゴールシークを設定する
    1. データタブを開く
    2. 予測の『What-If分析』を開く
    3. ゴールシークを選択する
  2. STEP

    ゴールシークダイアログボックスが表示される

    ゴールシークダイアログボックス
    ゴールシークダイアログボックス

    ゴールシークのダイアログボックスを開いたとき、数式入力セルの欄は、選択していたセルが表示されるよ!

    Dr.オフィス

    Dr.オフィス

  3. STEP

    ゴールシークの欄を入力する

    ゴールシークダイアログボックスに入力
    ゴールシークダイアログボックスに入力
    1. 数式入力セルは、売上目標のC6セルを選択する
    2. 『売上目標50万円』なので、目標値に『500000』と入力する
    3. 変化させるセルには、販売個数のC4セルを選択する
    4. OKで確定する

    ①③のセル参照すると【絶対参照】になるよ!
    ②の目標値はセル参照できないので手入力しよう!

    Dr.オフィス

    Dr.オフィス

逆算した結果を表示する

  1. STEP

    逆算された結果が表に反映される

    逆算された結果が返る
    逆算された結果が返る

    ゴールシークの欄を入力してOKを押すと、ゴールシークダイアログボックスに『解答が見つかりました。』と表示されました。

    そして、表には逆算された結果【625】と売上目標【500,000】が反映されています。

    ここで、ゴールシークダイアログボックスのOKを確定すると、元の表の値から、逆算された結果に上書きされます。

    元の値の表を消したくないときは『キャンセル』しようね。でも、キャンセルすると逆算された結果は反映されないからね!

    Dr.オフィス

    Dr.オフィス

  2. STEP

    元の表と逆算された結果を見比べてみよう

    元の表とゴールシークの結果
    元の表とゴールシークの結果

    左側が元の表、右側が逆算された結果の表になります。

    ゴールシークを使えば、簡単に逆算をすることができました。

    今回の結果は・・・
    『単価800円の商品』を『売上目標50万円』にするために『販売する個数』は625個でした。

エクセルのゴールシークに関するQ&A

Q

ゴールシークの具体的な使い方を教えてください

A

●税込価格から税抜価格を求める
●ローン返済を試算する
●損益分岐点を求める
などがあります。

Q

ゴールシークの目標値はセル参照を使うことはできますか?

A

目標値は、数値を手入力のみです。セル参照はできません。

Q

ゴールシークは逆算したい項目が複数でも使えますか?

A

ゴールシークは1つの項目のみです。複数の場合は「ソルバー」を使用します。
ソルバーについては、こちら≫ソルバーの使い方でくわしく解説しているので参考にしてみてください。

ゴールシークなら逆算の数式を考えなくてもいい!

今回は目標達成に必要な値を簡単に求めることができる「ゴールシーク」について解説しました。

ゴールシークを使用すれば、逆算のための数式を考えたりする必要がありません。

では、ゴールシークを設定する手順をおさらいしてみましょう。

おさらい
  1. 求めたい値のセルに数式を入力
  2. 『データ』-『What-If分析』-『ゴールシーク』を選択
  3. 数式入力セルの欄に1で数式を入力したセルを指定
  4. 目標値の欄に求めたい目標の数値を手入力
  5. 変化させるセルの欄に逆算した結果を求めたいセルを指定
  6. OKをクリックして結果を表示

目標を立てて終わりではなく、その目標を達成するために必要な条件を知ることで、必要ならば目標の見直しができます。

より実際的な目標を立てることができますね!

ぜひゴールシークを活用してみてください。

カテゴリー:

40万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に40万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事