ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】名前を選択範囲から作成「Ctrl+Shift+F3」

タイトル

選択しているセルの範囲から『名前』を作成するショートカットキー【Ctrl+Shift+F3】を紹介します。

ショートカットキー【Ctrl+Shift+F3】は、選択した範囲から名前を作成することができるので、関数の引数や入力規則のリストなどにも使用でき大変便利です。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Shift+F3コントロール + シフト + エフ3

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

名前を選択範囲から作成するショートカットキーの手順

フルーツ売上個数フルーツ売上個数

↑フルーツの1週間の売上個数データになります。

A3:H6までのセルを選択します。

ショートカットキー【Ctrl+Shift+F3】を押してみましょう。

コントロールとシフトの場所コントロールとシフトの場所

↑【Ctrl】と【Shift】はキーボードの左右にあります。

使いやすい方を押してください。

今回は左の【Ctrl】と【Shift】で解説します。

コントロールとシフトとF3の場所コントロールとシフトとF3の場所

↑【Ctrl】と【Shift】を押した状態のままで【F3】を押します。

【Ctrl】と【Shift】と【F3】は同時には押せません。

①【Ctrl】を押したまま→②【Shift】を押したまま→③【F3】の順番で押しましょう。

ダイアログボックスダイアログボックス

↑選択範囲から名前を作成ダイアログボックスが表示されました。

左端列にチェックを入れてOKを押します。

名前ボックス名前ボックス

↑名前ボックスを開いてみましょう。

先ほど選択したデータの左端列のテキストが並んでいます。

バナナバナナ

↑バナナを選択すると、バナナのデータのB4:H4までが選択されます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
『=SUM(りんご)』とセルに入力すると、りんごの個数の合計を計算できるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。