ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】真上セルの数式の参照先を変えずにコピーする「Ctrl+Shift+7」

タイトル

エクセルで数式の入ったセルの数式をコピーするショートカットキーを紹介します。

コピー&ペーストすると参照先が変わってしまいます。

しかし、ショートカットキー【Ctrl+Shift+7】なら数式が入ったセルの1個下のセルに『数式の参照先』を変えずにコピーできます。

ショートカットキー【Ctrl+Shift+7】を使って参照先を変えずにコピーしてみましょう。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Shift+7コントロール + シフト + 7

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

真上のセルの数式の参照先を変えずにコピーするショートカットキーの手順

参照先の確認参照先の確認

↑B3のセルには『=A1+B1+C1』の数式が入っています。

真下のセルを選択真下のセルを選択

↑数式が入ったセルB3の真下『B4』を選択し、【Ctrl+Shift+7】のショートカットキーを使い、参照先を変えずにコピーしましょう。

コントロールとシフトの場所コントロールとシフトの場所

↑【Ctrl】と【Shift】はキーボードの左右にあります。

使いやすい方を押してください。

今回は左の【Ctrl】と【Shift】で解説します。

コントロールとシフトと7の場所コントロールとシフトと7の場所

↑【Ctrl】と【Shift】を押した状態のままで【7】を押します。

【Ctrl】と【Shift】と【7】は同時には押せません。

①【Ctrl】を押したまま→②【Shift】を押したまま→③【7】の順番で押しましょう。

コピー完了コピー完了

↑B4のセルにも参照先が同じ数式『=A1+B1+C1』がコピーできました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
普通のコピペは、参照先が変わってしまうので、これは便利なショートカットだね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。