ショートカットキー

【エクセルのアクセスキーでショートカット】フォントの色「Alt→H→F→1」

フォントの色を変更することができるアクセスキー【Alt→H→F→1】を紹介します。

編集中のセルで一部分だけフォントの色を変更することもできます。

確定済みのセルでは、いっぺんにフォントの色を変更できます。

アクセスキーを使って素早く作業しましょう。

◇記事内のアクセスキー◇

Alt→H→F→1オルト → エイチ → エフ → 1

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

フォントの色を変更するアクセスキーの手順

アクセスキーとは、Altキーを押すと表示される画面の英数字を順番に押して操作していきます。

ショートカットキーのように『押しながら』では、ありません。

『順番に押していく操作』になります。

フォントの色を変更しようフォントの色を変更しよう

↑では『エクセルドクター』の色を変えましょう。

Alt→H→F→1の場所Alt→H→F→1の場所

↑アクセスキー【Alt→H→F→1】を順番に押します。

【Alt】はスペースキーを挟んで左右にあるので使いやすい方の【Alt】を1回押しましょう。

今回は左側の【Alt】で解説します。

Altを押すAltを押す

↑【Alt】を押すと英数字が表示されます。

次は【H】を押します。

【H】はホームタブの下に表示されています。

Hを押すHを押す

↑【H】を押すと、ホームタブのリボンに英数字が表示されます。

【F】を押しましょう。

フォントの色ボタンの下に表示されています。

【F1】と表示されていますが、【F】と【1】になります。

続けて【1】も押しましょう。

フォントの色を変更フォントの色を変更

↑フォントの色を変更できるようになりました。

方向キーで色を選択し、Enterで確定しましょう。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
【H】はホームの頭文字。【F】はフォント。って思うと覚えやすよね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。