ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】素早く閉じる「Alt+F4」

タイトル

開いているエクセルを素早く閉じることができるショートカットキー【Alt+F4】を紹介します。

エクセルだけでなく、エクスプローラ、ワード、インターネットなど開いているアプリを閉じることができます。

デスクトップでこのショートカットキー【Alt+F4】を押すと、シャットダウンメニューが表示されます。

『閉じる』ことができる便利なショートカットキーになります。

◇記事内のショートカットキー◇

Alt+F4オルト + エフ4

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

素早く閉じるショートカットキーの手順

エクセルを開くエクセルを開く

↑エクセルを開いている状態です。

ショートカットキー【Alt+F4】を使い、エクセルを閉じてみましょう。

オルトの場所オルトの場所

↑「Alt」はスペースキーを挟んで左右にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の【Alt】で解説します。

オルトとF4の場所オルトとF4の場所

↑【Alt】を押した状態のままで【F4】を押します。

【Alt】と【F4】は同時には押せません。

①Altを押したまま→②F4の順番で押しましょう。

保存保存

↑エクセルに入力などした場合は『変更内容を保存しますか?』と聞かれます。

【S】または【Enter】を押すと『保存』され、【N】を押すと『保存しない』になり、【Esc】を押すと『キャンセル』になります。

今回は【Enter】を押して保存しましょう。

これでエクセルを閉じることができます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
一切マウスを使わずに『閉じる』ことができるので、覚えると時短になるね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。