使い方

エクセルの日付を更新しないようにする方法は?

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルの日付を更新しないようにする方法はあるかな?TODAY関数を使ってるんだけど、開くたびに今日の日付になってしまうんだよね。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
TODAY関数を使っていれば、自動でいつも今日の日付が表示されるから便利だけど、日付を固定してしまいたいときもあるよね!そんなときの対処法を解説するね!

今回は、エクセルの日付を更新しない方法について解説します。

日付を更新しないためには
  • TODAY関数の日付を数値に変換して保存する

直接、日付を入力すると更新されることもないですが、せっかくのTODAY関数が無駄になってしまいます。

TODAY関数はフォーマットに使い、保存するときに数値にする方法を紹介するので、参考にしてみてください。

『今日の日付』の表示形式や、日付の固定方法なども紹介した記事はこちら≫【エクセル】今日の日付と現在の時刻を自動表示する方法になります。

現在の時刻を表示する方法もセットでお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル】今日の日付と現在の時刻を自動表示する方法今日の日付と現在の時刻を自動表示する方法を解説します。報告書などには日付の入力はつきものです。今日は何日だったかな?と確認せずとも、エクセルを開くたびに『今日の日付』が表示されれば、確認の手間が省けます。TODAY関数とNOW関数を使って今日の日付と現在の時刻を自動表示しましょう。...

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

エクセルの日付を更新したくない場合

便利なTODAY関数で今日の日付を表示しているのに、その日付を更新させたくない場合とは、どんな時でしょうか。

例えば、請求書を発行する際は【今日の日付】を入力します。

請求書のフォーマットにTODAY関数を入れておくと、エクセルを開けば自動で今日の日付が表示されるので便利です。

しかし、後日おなじ請求書を開くと日付が更新されて【エクセルを開いた今日の日付】で表示されてしまいます。

このように、請求書などは発行した日が変更されるのは困ります。

次の項目より、日付を更新しない方法の手順を紹介するので、参考にしてみてください。

エクセルの日付を更新しないようにする方法

エクセルの日付を更新しない手順で2ステップと、とても簡単です。

TODAY関数の入力

まずは、請求書のフォーマットに『TODAY関数』を入力します。

直接『TODAY関数』を入力直接『TODAY関数』を入力

↑これで、常に請求書を開くと『開いた日』が表示されるようになります。

TODAY関数については、こちら≫エクセルで今日の日付を表示させる【TODAY関数】でくわしく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

タイトル
エクセルで今日の日付を表示させる【TODAY関数】エクセルの『TODAY関数』についてくわしく紹介します。エクセルで今日の日付を入力する機会はとても多いです。常に『今日の日付』を入力しなければならないフォーマットやデータがあるならば『TODAY関数』を使いましょう。エクセルを開くたびに、自動で今日の日付が表示させるのでとても便利です。...

F9で数値に変換

請求書のフォーマットをコピーして、新たに請求書を作成します。

『今日の日付』の表示『今日の日付』の表示

↑日付は『エクセルを開いた今日』が表示された状態です。

『今日の日付』が数値に変換される『今日の日付』が数値に変換される

↑今後も、この請求書を開いたら『令和2年2月13日』と表示されてほしいので、『F2』で編集可能状態にして『F9』を押します。

『令和2年2月13日』は数値に変換されました。

『今日の日付』を固定して表示『今日の日付』を固定して表示

↑数値が選択されていることが確認できたらエンターキーで確定します。

すると『今日の日付』が表示されました。

『F9』キーを押すことによって、『今日の日付』が固定されます。

雛形となるファイルには、『TODAY関数』を設定しておき、内容を保存するファイルには『今日の日付』を固定するといいですね!

【まとめ】エクセルの日付を更新しない

『TODAY関数』によって『今日の日付』を簡単に自動表示させることができました。

しかし、ファイルを開くたびに『今日の日付』が更新されると不便な時もありますよね。

例えば、1年前に作成したファイルに『TODAY関数』を設定していたとしましょう。そのファイルを『どんな内容だったっけな?』と『今日』開いてしまうと『今日の日付』が自動表示されてしまいます。

『今日の日付』を更新させないようにするには、『=TODAY()』と入力し、続けて『F9』キーを押しましょう。

『今日の日付』の表示形式や、日付の固定方法なども紹介した記事はこちら≫【エクセル】今日の日付と現在の時刻を自動表示する方法になります。

現在の時刻を表示する方法もセットでお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル】今日の日付と現在の時刻を自動表示する方法今日の日付と現在の時刻を自動表示する方法を解説します。報告書などには日付の入力はつきものです。今日は何日だったかな?と確認せずとも、エクセルを開くたびに『今日の日付』が表示されれば、確認の手間が省けます。TODAY関数とNOW関数を使って今日の日付と現在の時刻を自動表示しましょう。...
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。