エクセルの罫線の種類は?いろいろな罫線を引いてみよう!

2 min 163 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルの罫線って、どんな種類があるのかな?

罫線の種類は豊富に用意されているよ!ぜひ活用してみてね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、エクセルの罫線の種類について解説します。

罫線の種類を確認するには
  • 罫線ボタンやセルの書式設定の『線のスタイル』から確認!

いろいろな罫線の種類を見てみましょう。

さらに、エクセルの罫線について≫【エクセルの罫線】見やすいデータ作成のコツ!罫線の基本から応用まで解説!の記事でくわしくまとめています。

チェックしてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

次の項目より、罫線の種類を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

罫線の種類を紹介!

エクセルの罫線の種類を紹介します。

ホームタブの罫線ボタンとセルの書式設定の罫線から解説します。

今後、エクセルでデータを作成する際などに活用しましょう。

罫線の種類を使いこなして、見やすいデータ作成をしてください。

エクセルの罫線の種類『斜め線』

エクセルの罫線で『斜め線』を引いてみましょう。

セルの書式設定ダイアログボックスを開く
セルの書式設定ダイアログボックスを開く

まずショートカットキー『Ctrl+1』でセルの書式設定ダイアログボックスを開き、『罫線タブ』を選択します。

斜めの罫線を選択する
斜めの罫線を選択する

罫線の左下と右下ににある斜め線のボタンをクリックすると『斜線』が引かれます。

中心の四角はセルにどんな罫線が引けるのかプレビューで確認できるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

セルの書式設定ダイアログボックスはOKを押して閉じましょう。

斜め線の完了
斜め線の完了

簡単に罫線の『斜め線』を引くことができました。

エクセルの罫線の種類『太さ』

罫線の太さを変更する方法をみてみましょう。

セルの書式設定ダイアログボックスを開く
セルの書式設定ダイアログボックスを開く

セルの書式設定ダイアログボックスの罫線タブの『線スタイル』から、太い線を選択することができます。

線のスタイルで『太い線』を選択してから、線を引きたいボタンを押すようにしましょう。

太い線を選択する
太い線を選択する

太い線を選択し、外枠を選択しOKを押して閉じます。

太い線を引くことができた
太い線を引くことができた

簡単に外枠に『太い線』を引くことができました。

エクセルの罫線の種類『色の変更』

罫線の色を変更してみましょう。

セルの書式設定ダイアログボックスを開く
セルの書式設定ダイアログボックスを開く

セルの書式設定ダイアログボックスを開きます。

初期設定は色は『自動』になっています。

罫線の色を選択する
罫線の色を選択する

下向き三角を開き、好きな色を選択し、線を引きます。

色を変えた罫線を引くことができた
色を変えた罫線を引くことができた

色を選択して、罫線を引くように順番を気を付けましょう。

罫線の種類を変更して使用しよう

罫線の種類は、豊富に用意されています。

罫線ボタンからも種類を選択できる
罫線ボタンからも種類を選択できる

ホームタブの罫線ボタンからも確認することができます。

プレビューで確認しながら罫線を引きたい場合は『セルの書式設定ダイアログボックス』から設定しましょう。

プレビューで確認しなくても大丈夫であれば、ホームタブの罫線ボタンから設定してください。

さらに、エクセルの罫線について≫【エクセルの罫線】見やすいデータ作成のコツ!罫線の基本から応用まで解説!の記事でくわしくまとめています。

チェックしてみてください。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:
タグ:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事