関数

【エクセル順位の出し方】RANK.EQ関数で順位を求めよう!

RANK.EQ関数とRANK.AVG関数

エクセルには、他にも順位を出す関数として、Excel 2010以降に追加されたRANK.AVG(ランク・アベレージ)関数があります。

基本的にRANK.EQ関数と同じですが、RANK.AVG関数は、複数の数値が同じ順位にあるときは、平均の順位が表示されます。

では、下記の表の商品C,Dの投票数を同数にして、RANK.EQ関数とRANK.AVG関数の結果を比べて見てみましょう。

RANK.EQ関数とRANK.AVG関数の結果を比較RANK.EQ関数とRANK.AVG関数の結果を比較

↑左側の表はRANK.EQ関数を使って、右側の表はRANK.AVG関数を使って、投票数を降順で順位を表示しています。データは同じですが、商品C、Dの順位が異なりますね。

RANK.EQ関数の方は、4位表示が無く、商品C,Dのどちらも3位表示になります。

一方で、RANK.AVG関数の方は、3位と4位の平均をとり商品C,Dのどちらも3.5位表示になります。ここでの平均とは、『(3位+4位)÷2』で算出されます。

このように、どちらも順位を出すことができるため、どのような順位表示にするのかを決めて、2つの関数を使い分ければ問題なさそうですね。

RANK.AVG関数の書式RANK.AVG関数の書式

↑なお、RANK.AVG関数の書式は上記の通りになります。RANK.EQ関数と同じになりますが、参考までに確認しておきましょう。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
RANK.EQ関数とRANK.AVG関数の違いは、表示形式が異なるということだけだね! 

RANK関数を卒業して、RANK.EQ関数を使おう!!

エクセルのRANK.EQ関数は、Excel 2010以降に追加された新しい関数です。RANK.EQ関数が追加される前は、RANK関数が使われていました。

RANK.EQ関数とRANK関数の機能は、全く同じなので今でも使えますが、Excel の将来のバージョンで使えなくなる可能性があるため、今後はRANK.EQ関数を使って順位を求めましょう。

さらに言うと、Excel 2010より前のバージョンでは、RANK.EQ関数は存在しないので使えません。もし、Excelの古いバージョンを使う場合は、RANK関数を使ってくださいね。

RANK.EQ関数のまとめ
  • RANK.EQ関数は、順位を求める関数で、ランク・イコールと読む
  • RANK.EQ関数は、Excel 2010以降に追加された新しい関数で、同じく順位を求めるRANK関数は、旧バージョンにあたる
  • 順位は、『降順』『昇順』を引数で指定することができる
  • RANK.EQ関数とRANK.AVG関数の違いは、複数の数値が同じ順位にあるときの表示形式が異なる

エクセルで順位を出す際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

平均値を求めるAVG関数については、エクセルで平均値を求める「AVERAGE関数」を簡単解説!!で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

タイトル
エクセルで平均値を求める「AVERAGE関数」を簡単解説!!エクセルで、平均値を求めることができる関数があります。エクセルでは表計算などのデータ集計を作成する機会が多いです。このような場合、使用頻度の高い【AVERAGE関数】は覚えておくと大変便利です。AVERAGE関数は、平均値を求めることが出来る関数になります。使用頻度が高いので、ホームタブや数式タブのオートSUMボタンからも簡単に求めることが出来ます。...
1 2 3 4
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。
暑中見舞いの締め切りは8/7です!梅雨が明けたら忘れる前に送りましょう。おすすめの暑中見舞い作成サービスをまとめました。
おすすめランキングはコチラ
おすすめの暑中見舞い作成サービスをランキング形式でまとめました。
詳細はコチラ