ピボットテーブル

エクセル【ピボットテーブルのグラフ】視覚的に見やすく分かりやすくする方法を解説!!

エクセル初心者
エクセル初心者
ピボットテーブルをグラフにしたいけど、どうやって作成するのかな?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
ピボットテーブルのグラフ作成は簡単だよ。グラフを使うと、データを視覚的に分かりやすく表現できるから、これから詳しく解説するね。

今回は、ピボットテーブルのグラフについて解説します。

ピボットテーブルで集計したデータをグラフにするには、ピボットグラフを使います。

ピボットグラフを使うことで、集計表を見ているだけでは気付かないことも、視覚的に表現することができ、全体が分かりやすくなります。

ピボットグラフもピボットテーブルと同様に、フィールドを入れ替えるだけで異なる視点からデータを集計し、すぐにグラフ化できるのでとても便利ですよ。

ピボットグラフ作成の簡単ステップ
  1. ピボットテーブルの任意のセルを選択
  2. [分析]を選択
  3. [ピボットグラフ]を選択
  4. 任意のグラフの種類を選択

ピボットグラフは、以上4ステップで作成することができます。

ピボットテーブルの概要については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルとは?実は難しくない!?初心者でも集計と分析が簡単にできる、で詳しく解説しています。

タイトル
【エクセル】ピボットテーブルの基本から応用まで徹底解説!実は難しくない!初心者でも集計と分析が簡単にできる今回は、エクセルのピボットテーブルについて、解説します。ピボットテーブルとは、売上データや調査結果などの大量データを、さまざまな視点から素早く集計、分析ができる機能です。1つのリストに対して、その時々の要望に応じて瞬時に集計、分析ができるのでとても便利です。...

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

ピボットテーブルの円グラフ

ピボットテーブルの円グラフは、集計値の割合を表すのに適したグラフです。

ピボットグラフを使って簡単に円グラフは作成できますが、データを読み取りやすくするためには、少々手を加える必要があります。

ここでは、ピボットグラフの作成から、基本的な使い方を、円グラフを例に解説します。

ピボットテーブルの円グラフの詳細については、こちら≫【エクセル】ピボットグラフの円グラフを作成しよう!の記事を参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル】ピボットグラフの円グラフを作成しよう!今回は、ピボットグラフについて円グラフを例に解説します。フィールドを配置して簡単に作成できるピボットグラフについて紹介します。『軸フィールド』ボタンなどの便利なフィルター機能について記載しています。また、ピボットグラフとグラフの違いについても解説します。...

ピボットグラフの軸

ピボットグラフには、[ピボットグラフのフィールド]作業ウィンドウがあります。

この作業ウィンドウを使って、ピボットグラフの軸を設定できます。

『軸』ボックスに配置する項目によって、グラフに表示する項目を入れ替えることができ、さらにピボットテーブルにも反映できるので、とても便利です。

ピボットグラフの軸の詳細については、こちら≫【エクセル】ピボットグラフの軸を入れ替えて分析の視点を変えてみよう!の記事を参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル】ピボットグラフの軸を入れ替えて分析の視点を変えてみよう!今回は、ピボットグラフの軸の入れ替えについて解説します。ピボットグラフの横軸と凡例の項目を入れ替えたり、横軸に表示するフィールドを変更したり、また分析の視点を変えたグラフを紹介しています。軸を含むピボットグラフの各部の名称についても記載しています。...

ピボットグラフの複数のグラフを組み合わせるには

ピボットグラフの複数のグラフを組み合わせるには、『複合グラフ』を使用します。

複合グラフは、異なる種類のグラフを表示したもので、『棒グラフと折れ線グラフ』といったように、2つのグラフを重ねて表示するグラフのことを指します。

ピボットグラフの複数のグラフを組み合わせる詳細については、こちら≫【エクセル】ピボットグラフで複数のグラフを組み合わせて表示するには!?の記事を参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル】ピボットグラフで複数のグラフを組み合わせて表示するには!?今回は、ピボットグラフの複数のグラフを組み合わせてデータを表示する、複合グラフの作成方法について解説します。1つのピボットグラフに複数のグラフを表示して、データ間の相関関係を分かりやすく表現します。また、複合グラフに『第2軸』を設定する方法も解説します。...

ピボットテーブルとピボットグラフで数値の違いが一目でわかる分析結果にしよう!

ピボットテーブルの数値だけでは分からなかったことが、ピボットグラフを追加することによって、視覚的に見えてくることがあります。

ピボットグラフは、直接フィールドを入れ替えてることがで、さらに連動してピボットテーブルに反映できるので、とても便利です。

ピボットグラフで視覚的に分かりやすく表現して、数値の違いが一目でわかるピボットテーブルを完成させましょう。

ピボットテーブルの概要については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルとは?実は難しくない!?初心者でも集計と分析が簡単にできる、で詳しく解説しています。

タイトル
【エクセル】ピボットテーブルの基本から応用まで徹底解説!実は難しくない!初心者でも集計と分析が簡単にできる今回は、エクセルのピボットテーブルについて、解説します。ピボットテーブルとは、売上データや調査結果などの大量データを、さまざまな視点から素早く集計、分析ができる機能です。1つのリストに対して、その時々の要望に応じて瞬時に集計、分析ができるのでとても便利です。...
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。