【エクセル】ピボットグラフの軸を入れ替えて分析の視点を変えてみよう!

3 min 379 views
エクセル初心者

エクセル初心者

ピボットグラフの軸を入れ替えるって、どういうことなのかな?

ピボットグラフの軸を入れ替えるというのは、言葉ではイメージしにくいけど、難しくないよ。これから、詳しく解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、ピボットグラフの軸の入れ替えについて解説します。

ピボットグラフは、ピボットテーブルと同様に作成後に集計結果の表示を変更できます。

例えば、横軸と凡例の項目を入れ替えたり、横軸に表示するフィールドを変更したりすることができます。

ピボットグラフの横軸と凡例の表示項目を変更することによって、さまざまな視点からデータを視覚的に分析することができますよ。

ピボットグラフの軸を入れ替える簡単ステップ
  1. グラフエリアを選択
  2. [デザイン]を選択
  3. [行/列の切り替え]

以上、3ステップでピボットグラフの軸を入れ替えることができます。

また、ピボットグラフの各部の名称についても紹介します。

ピボットテーブルのグラフについては、こちら≫エクセル【ピボットテーブルのグラフ】視覚的に見やすく分かりやすくする方法を解説!!で詳しく解説しています。

次項より、ピボットグラフの横軸と系列を入れ替える方法について、詳しく解説します。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

ピボットグラフの横軸と系列を入れ替えてみよう

下記ピボットグラフは、横軸に『商品名』フィールド、凡例に『担当エリア』フィールドを表示して、各商品の売上金額を担当エリア別にしています。

[デザイン]-[行/列の切り替え]を選択
[デザイン]-[行/列の切り替え]を選択

↑横軸に『担当エリア』フィールド、凡例に『商品名』フィールドを表示して、担当エリア別に各商品の売上金額を表示してみましょう。下記の順に設定します。

  1. グラフエリアを選択
  2. [デザイン]を選択
  3. [行/列の切り替え]を選択
横軸と凡例が入れ替わったピボットグラフ
横軸と凡例が入れ替わったピボットグラフ

↑横軸と凡例が入れ替わりましたね。

横軸には、『担当エリア』フィールド、凡例には、『商品名』が表示されています。

軸を入れ替える前と後では、ピボットグラフが示すデータが全く違うものになりますね。

それでは、もう少し詳しく表現するために、横軸に『支店名』フィールドを追加してみましょう。

『軸(分類項目)』ボックスに『支店名』をドラッグ
『軸(分類項目)』ボックスに『支店名』をドラッグ

↑[ピボットグラフのフィールド]作業ウィンドウから『軸(分類項目)』ボックスに『支店名』をドラッグします。

横軸に『支店名』フィールドが追加された
横軸に『支店名』フィールドが追加された

ピボットグラフの横軸が階層構造で表示されましたね。

横軸に『支店名』フィールドが追加したことによって、より詳しくデータを視覚的に表現することができました。

ドリルダウンボタンで階層レベルの切り替え
ドリルダウンボタンで階層レベルの切り替え

↑また、ピボットグラフ内に表示されているドリルダウンボタンのマイナスをクリックすと、『支店名』を折りたたむことができるので、階層のレベルを切り替えるのに便利ですよ。

このように、ピボットグラフの横軸と系列は、簡単に入れ替えることができます。

また、軸を入れ替えることで、切り口を変更しデータを視覚的に分析することができますね。

軸の入れ替えは、フィールドを配置したまま、[行/列の切り替え]ボタンで瞬時にできるから、とても便利だね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

次項では、ピボットグラフの各部の名称を紹介します。

ピボットグラフの『軸』が付くもの

ピボットグラフ内には、軸フィールド、縦軸、横軸など『軸』が付く名称がいくつかあります。

ピボットグラフの各部の名称
ピボットグラフの各部の名称

↑名称で混乱しないように、ここではピボットグラフの各部の名称を整理しておきましょう。

名称説明
①グラフエリアグラフ全体の領域
②グラフタイトルグラフのタイトル
③縦軸数値のメモリが表示される
④軸ラベル横軸、縦軸の内容を表すテキスト
⑤横軸項目見出しが表示される
⑥凡例系列の内容を説明する領域
⑦データラベル系列や要素の内容を表すテキスト
⑧フィルター作業ウィンドウの『フィルター』ボックスの内容が表示される
⑨軸フィールドボタン配置されたフィールド名を表すボタン
⑩ドリルダウンボタン階層構造になったフィールドの表示を切り替える

基本的には普通のグラフと変わらないけど、ピボットグラフ内には『ボタン』が表示されるね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ピボットグラフの軸を入れ替えて分析の視点を広げよう

『ピボットグラフの軸を入れ替える』というのは、難しく聞こえるもしれませんが、実際に試してみると、とても簡単な操作でしたね。

軸を入れ替えると切り口の基準が変わるので、全体の見え方も変わってきます。

ピボットグラフの軸を入れ替えて、さまざまな視点から分析することで、ピボットテーブルだけでは見えなかった情報が、視覚的に見えてくるかもしれません。

ピボットグラフの軸の入れ替えは簡単なので、1方向からの視点ではなく、さまざまな視点からデータの分析をしてみましょう。

ピボットテーブルのグラフについては、こちら≫エクセル【ピボットテーブルのグラフ】視覚的に見やすく分かりやすくする方法を解説!!で詳しく解説しています。

さらにピボットテーブルの概要については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルとは?実は難しくない!?初心者でも集計と分析が簡単にできる、で詳しく解説しています。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事