エクセル【ピボットテーブルの削除】用途に合わせた削除方法を紹介!!

3 min 2,347 views
エクセル初心者

エクセル初心者

ピボットテーブルの削除方法が知りたいな。複数に配置したフィールドをまとめて削除する方法ってあるのかな?

もちろんあるよ!配置したフィールドをまとめて削除できるよ。ピボットテーブルの削除には、いくつか方法があるから、これから解説していくね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、ピボットテーブルの削除方法について解説します。

ピボットテーブルの削除は、配置したフィールドを個別に削除したり、配置したフィールドをまとめて削除したり、ピボットテーブルの土台ごと全てを削除する方法があります。

また、その削除方法の手順にもいくつかパターンがありますので、これから解説していきますね。

ピボットテーブルの削除の種類
  1. 配置したフィールドを削除
  2. ピボットテーブルの土台ごと全てを削除

ピボットテーブルの基本については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルとは?基本から分かりやすく解説!!で詳しく解説しています。

次項より、ピボットテーブルに配置したフィールドの削除について詳しく解説するので、ぜひ読み進めてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

ピボットテーブルに配置したフィールドの削除

ピボットテーブルに配置したフィールドをドラッグして削除する方法は、ピボットテーブルの使い方 作業ウィンドウを確認しようの記事で紹介していますが、その他にも削除する方法があります。

削除方法は、とても簡単ですので、一通り把握しておきましょう。

  • 配置したフィールドを個別に削除
  • 配置したフィールドをまとめて削除

配置したフィールドを個別に削除

それでは、配置したフィールドを個別に削除する方法から見ていきましょう。

ピボットテーブル内の任意のセルを選択し、[ピボットテーブルのフィールド]作業ウィンドウを表示させます。

配置済みフィールド名を確認
配置済みフィールド名を確認

↑フィールドセクションには、リストのフィールド名が一覧で表示されおり、配置済みフィールド名には、チェックが入っています。

『支店名』のチェックを外す
『支店名』のチェックを外す

↑フィールドセクションにある『支店名』のチェックを外してみましょう。

『支店名』が削除されたことを確認
『支店名』が削除されたことを確認

↑ピボットテーブルの『列ラベル』に配置されていた『支店名』が削除されましたね。

同時にレイアウトセクションの『列』ボックスに表示されていた『支店名』も連動して削除されます。

このように、フィールドセクションに表示されているフィールド名一覧から、配置済みのフィールド名のチェックを外すだけで、個別に削除することができます。

他にも個別に削除する方法として、レイアウトセクションから削除する方法とピボットテーブル上から削除する方法があります。

[フィールドの削除]を選択
[フィールドの削除]を選択

↑レイアウトセクションから配置したフィールドを削除してみます。

  1. 『値』ボックスの『合計/金額』をクリック
  2. メニューの[フィールドの削除]を選択
『合計/金額』が削除されたことを確認
『合計/金額』が削除されたことを確認

↑ピボットテーブルの『値』から『金額』が削除されましたね。

["商品名"を削除]を選択
[“商品名”を削除]を選択

↑次に、ピボットテーブルの『行ラベル』からフィールド名『商品名』を削除してみます。

  1. ピボットテーブルの『行ラベル』に一覧表示されている任意の商品名の上で右クリック
  2. [“商品名”を削除]を選択
『商品名』が削除されたことを確認
『商品名』が削除されたことを確認

↑ピボットテーブルの『行ラベル』から『商品名』が削除され、ピボットテーブルの土台だけ残りましたね。

どのエリアから配置済みのフィールドを削除するかで、操作手順は変わりますが、とても簡単にフィールドを削除することができます。

ドラッグ操作が苦手だという場合は、こちらの方法がいいかもしれないね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

配置したフィールドをまとめて削除

次に、配置したフィールドをまとめて削除する方法をみていきましょう。

[ピボットテーブル分析]-[クリア]-[すべてクリア]を選択
[ピボットテーブル分析]-[クリア]-[すべてクリア]を選択

↑ピボットテーブルを選択し、下記の通りに設定します。

  1. [ピボットテーブル分析]を選択
  2. [クリア]を選択
  3. [すべてクリア]を選択
配置されていたフィールドはすべて削除された
配置されていたフィールドはすべて削除された

↑配置されていたフィールドはすべて削除され、ピボットテーブルの土台だけが残りましたね。

ピボットテーブルを最初から作り直す場合や、残すフィールド数よりも削除するフィールド数が多い場合などに使用すると便利ですね。

次項では、ピボットテーブルのすべてを削除する方法について、詳しく解説します。

ピボットテーブルのすべてを削除

配置したフィールドをまとめて削除した後に、ピボットテーブルの土台だけは残っていましたね。

ピボットテーブルの土台も不要であれば、削除することができます。

[ピボットテーブル分析]-[選択]-[ピボットテーブル全体]を選択
[ピボットテーブル分析]-[選択]-[ピボットテーブル全体]を選択

↑ピボットテーブルを選択し、下記の通りに設定しましょう。

  1. [ピボットテーブル分析]を選択
  2. [選択]を選択
  3. [ピボットテーブル全体]を選択
ピボットテーブル全体が選択されていることを確認
ピボットテーブル全体が選択されていることを確認

↑ピボットテーブル全体が選択されます。

[ホーム]-[クリア]-[すべてクリア]を選択
[ホーム]-[クリア]-[すべてクリア]を選択

↑ピボットテーブル全体が選択されできていることを確認できたら、下記の通りに設定します。

  1. [ホーム]-[クリア]を選択
  2. [すべてクリア]を選択
ピボットテーブルの土台も削除された
ピボットテーブルの土台も削除された

↑ピボットテーブルの土台も削除され、何もないシートに戻りましたね。

このように、ピボットテーブルのすべてを削除することができます。

ピボットテーブルの土台まで削除する場合は、ピボットテーブル全体を選択する必要があるんだね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ピボットテーブルの削除は、何度でもやり直すことができる

ピボットテーブルの削除は、表への反映に時間がかからず、何度でもやり直すことができるので、とても便利です。

ピボットテーブルから不要なフィールドを1つだけ削除したり、ピボットテーブルを作り直すためにすべてを削除したり、削除しようとする箇所はさまざまです。

その都度目的に合った方法で、ピボットテーブルを削除しましょう。

ピボットテーブルの基本については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルとは?基本から分かりやすく解説!!で詳しく解説しています。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事