エクセル【ピボットテーブル】スライサーを使うとデータ分析がラクになる!!

4 min 84 views
エクセル初心者

エクセル初心者

ピボットテーブルのスライサーは、どうやって使うのかな?

ピボットテーブルでスライサーを使うと、集計作業が格段に早くなるよ。とても便利だから、これから解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、ピボットテーブルでのスライサーについて解説します。

ピボットテーブルのデータを絞り込む集計方法には、フィルター機能がありましたね。

それぞれのフィールドにフィルターを設定して、データを絞り込んで集計する方法も悪くはないですが、条件設定のたびにフィルターボタンから設定するのは面倒ですよね。

そこで、もっと格段に早く抽出して集計できる機能、スライサーを紹介します。

ピボットテーブルのスライサー、ここが便利!
  • クリックするだけで、瞬時に集計全体を切り替えることができる
  • どの対象の集計結果なのか、ひと目で把握できる

ピボットテーブルでスライサーを活用すると、直感的にデータを抽出することができるので、とても便利です。

ピボットテーブルの集計については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルの集計方法を解説!今すぐ使える便利機能を紹介で詳しく解説しています。

次項より、ピボットテーブルのスライサーについて、詳しく解説します。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

ピボットテーブルのスライサーとは

スライサーは、ピボットテーブル独自の機能ではなく、エクセル全般で使用できる機能です。

これまでに、ピボットテーブルでデータを抽出する際は、フィルターボタンをクリックし、絞り込みたい条件を選択して、という手順が繰り返し必要でしたが、スライサーを挿入するとその手間が省けます。

データ抽出にフィルターボタンを使用する場合
データ抽出にフィルターボタンを使用する場合

↑上記は、フィルターをボタンから条件を設定しデータの抽出をしている画像です。

データ抽出にスライサーを使用する場合
データ抽出にスライサーを使用する場合

↑上記は、スライサーを挿入しデータの抽出設定をしている画像です。

ピボットテーブルでスライサーを使うと、ワンクリックで瞬時に集計全体を切り替えたり、フィルターの解除ができたりします。

スライサーのフィールド項目をクリック
スライサーのフィールド項目をクリック

↑また、集計対象のフィールド項目は色が濃くなり、今はどの集計結果なのかをひと目で把握することができます。

ピボットテーブルのスライサーを使うと、ワンクリックで直感的にデータを抽出することができます。

スライサーを使った抽出は、フィルターボタンを使った抽出より、素早くデータ抽出ができそうだね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

次項では、ピボットテーブルのスライサーの使い方について、詳しく解説します。

ピボットテーブルでスライサーを使ってみよう

それでは、下記のピボットテーブルにスライサーを挿入しましょう。

[ピボットテーブル分析]-[スライサーの挿入]を選択
[ピボットテーブル分析]-[スライサーの挿入]を選択

↑下記の通りに設定します。

  1. ピボットテーブルを選択
  2. [ピボットテーブル分析]を選択
  3. [スライサーの挿入]を選択
[スライサーの挿入]ダイアログボックスより設定
[スライサーの挿入]ダイアログボックスより設定

↑[スライサーの挿入]ダイアログボックスが表示されたら、下記の通りに設定します。

  1. [担当エリア]にチェックをいれる
  2. [OK]を選択
『担当エリア』フィールドのスライサーが表示される
『担当エリア』フィールドのスライサーが表示される

↑『担当エリア』フィールドのスライサーが表示されました。

スライサーの表示場所を移動させたい場合は、スライサーの上にポインターを乗せ、ポインターが十字マークに変わったら、ドラックして任意の場所に移動させましょう。

スライサーに表示されているフィールド項目をクリック
スライサーに表示されているフィールド項目をクリック

↑スライサーに表示されているフィールド項目を1つずつクリックしてみましょう。

クリックするたびに、ピボットテーブルの集計全体が切り替わるのを確認できますね。

[複数選択]ボタン
[複数選択]ボタン

↑複数の項目を選択する場合は、Ctrキーを押しながら項目を選択するか、または、[複数選択]ボタンを選択すると、連続して複数の項目を選択できます。

[フィルターのクリア]ボタン
[フィルターのクリア]ボタン

↑また、スライサーの抽出を解除する場合は、Altキー+Cを押すか、または、[フィルターのクリア]ボタンを選択すると、解除できます。

さらに、詳しく情報を絞り込むために、『支店名』と『商品名』フィールドのスライサーを追加してみましょう。

スライサーの追加方法は、先ほどと同じ手順になります。

[スライサーの挿入]ダイアログボックスより設定
[スライサーの挿入]ダイアログボックスより設定

[スライサーの挿入]ダイアログボックスが表示されたら、[支店名]と[商品名]にチェックを入れましょう。

『支店名』と『商品名』フィールドのスライサーが表示された
『支店名』と『商品名』フィールドのスライサーが表示された

↑『支店名』と『商品名』フィールドのスライサーが表示されました。

『九州/沖縄』と『福岡支社』をクリック
『九州/沖縄』と『福岡支社』をクリック

↑それぞれのスライサーから項目をクリックします。

  1. 『担当エリア』フィールドのスライサーから『九州/沖縄』をクリック
  2. 『支店名』フィールドのスライサーから『福岡支社』をクリック

『九州/沖縄』の『福岡支社』のみのデータが表示されましたね。

『エスプレッソ』をクリック
『エスプレッソ』をクリック

↑さらに、『商品名』フィールドのスライサーから『エスプレッソ』をクリックしましょう。

『九州/沖縄』の『福岡支社』の『エスプレッソ』のみのデータが表示されましたね。

『九州/沖縄』の『福岡支社』の『エスプレッソ』のみのデータが表示された
『九州/沖縄』の『福岡支社』の『エスプレッソ』のみのデータが表示された

集計対象になっている項目は、スライサーに表示されているフィールドの色が濃くなるため、どの集計結果なのかが分かりやすいですね。

また、スライサー自体を削除したい場合は、スライサーの抽出を全て解除し、スライサーを選択した状態でDeleteキーを押すと削除できますよ。

このように、ピボットテーブルでスライサーを使うと、格段に早く抽出ができ、データの分析作業をスムーズに進めることができます。

スライサーの抽出を解除せずにスライサーを削除すると、ピボットテーブルに抽出された状態が残ってしまうから注意しようね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ピボットテーブルのスライサーは抽出の達人!!

ピボットテーブルにスライサーを挿入すると、データ抽出の際、フィルターボタンを選択して抽出条件の設定をする、というような面倒な手間を省くことができましたね。

また、上手に複数のスライサーを使い分けると、直感的にデータの抽出ができるため、欲しいデータをより早く確認できます。

スライサーの操作はとても簡単です。とりあえずスライサーを挿入してみるのも良いですね。

ピボットテーブルでスライサー抽出を試してみて、便利さを実感してください。

ピボットテーブルの集計については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルの集計方法を解説!今すぐ使える便利機能を紹介で詳しく解説しています。

さらに、ピボットテーブルの概要については、こちら≫【エクセル】ピボットテーブルとは?実は難しくない!?初心者でも集計と分析が簡単にできる、で詳しく解説しています。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事