楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【エクセル】千円単位で見やすく表示しよう!『0円』表示もできる方法を伝授!

4 min 329 views
エクセル初心者

エクセル初心者

数字を千円単位で表示して、なおかつ『0』と表示することはできるのかな?

桁の多い数字を扱うときは、千円単位で表示する方が見やすいよね!これから数字を千円単位で表示しつつ、『0』を表示する方法について詳しく解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、エクセルで数字を千円単位で表示して、『0』の表示、非表示をする方法について、解説します。

売上表などは『958413200』のように、大きな金額を入力することがあります。

しかし、見る側としては『いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、じゅうまん・・・』というように、桁を数えることになり、少し手間ですよね。

また、大きな金額となると、何度も桁を数え直したり、金額を間違って把握したりする可能性があります。

この記事を読むと、表に入力した桁の多い数字を、見やすく表示する方法について、理解することができますよ。

【エクセル】千円単位で値を表示する3つのポイント
  1. 桁を少なくして、大きな単位を把握しやすくする
  2. 見た目は千円単位の表示でも、セルの値は実際に入力した値を保存できる
  3. 千円単位で表示設定した場合は、百の桁を四捨五入して表示される
    (表示する単位の前の桁を、四捨五入して表示される)

PCサポート歴10年以上の私が、桁の多い数字を千円単位の表示設定にする方法ついて、詳しく解説するよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

大きな金額を扱う資料では、おおよその金額を短時間で把握できるように、見やすくしておく必要があります。

そのような時には、値を千円単位、百万単位の表示にすると、グッと見やすくなります。

セルには実際の値を入力し、見た目を千円単位、百万単位の表示にすることができるので、とても便利ですよ。

エクセルで『0(ゼロ)を表示しない』概要については、こちら≫【エクセル】0(ゼロ)を表示しない方法を解説!書式設定や関数でラクラク非表示!で詳しく解説しています。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

【エクセル】千円単位の表示で桁の多い数字を見やすくしよう

大きな金額を扱う場合、一円単位まで表示しようとすると、当然ながら数字の桁が多くなってしまいますよね。

一円単位まで報告する必要がない場合は、見た目を千円単位などの表示にして、資料を見やすくすることができます。

千円単位で表示する方法

桁を省略して表示するには、下記の通りに表示形式を設定します。

  • 千円単位で表示する → #,##0,
  • 百万円単位で表示する → #,##0,,

『#,##0』は、値が3桁のカンマ区切りで表示され、ゼロの場合も『0』を表示するという表示形式でしたね。(『特定のセルに『0』表示と非表示ができるユーザー定義』を参照)

『#,##0』の後ろに、『,(カンマ)』を1つ追加すると千円単位、2つ追加すると百万円単位で表示することができます。

また、『#,##0,』とすることで、千円単位で表示しつつ、ゼロの場合も『0』を表示することができますよ。

それでは、実際に千円単位で表示するように設定してみましょう。

千円単位で表示したいセル範囲を選択
千円単位で表示したいセル範囲を選択
  1. 千円単位で表示したいセル範囲を選択
  2. 右クリックして[セルの書式設定]を選択
[種類]に[#,##0,]を入力
[種類]に[#,##0,]を入力
  1. [表示形式]タブを選択
  2. [ユーザー定義]を選択
  3. [種類]に[#,##0,]を入力
  4. [OK]を選択
千円単位で表示される
千円単位で表示される

①千円単位で表示することができましたね。

最後に、『(単位:円)』と表記しているところを②『(単位:千円)』に変更しましょう。

表内に『千円』、『百万円』を表示する
表内に『千円』、『百万円』を表示する

また、表内に①『千円』、②『百万円』と表示したい場合は、下記の通りに表示形式を設定します。

  • 『千円』を表示する → #,##0,”千円”
  • 『百万円』を表示する → #,##0,,”百万円”

この場合も、『(単位:円)』と表記しているところを『(単位:千円)』に変更しましょう。

見る側が分かるように、桁を省略した場合は、単位表記の変更を忘れないようにしようね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

千円単位で表示しつつ、ゼロの場合は『0』を表示しないという表示形式は、『#,##0,;;』になります。

区切り文字『;(セミコロン)』については、こちら≫『区切り文字で『0』表示と非表示を設定する方法』を参考にしてみてください。

『0円』と表示するには?

表内に『0円』を表示する方法
表内に『0円』を表示する方法

『0円』と表示するには、桁を省略しない表示形式で『#,##0″円”』と設定すると、値がゼロの場合に、『0円』と表示することができます。

千円単位で表示されても入力データはそのまま

表の値を千円単位で表示設定をしても、セルに入力した値はそのまま保持されます。

入力した値は桁の多い数字のまま保持される
入力した値は桁の多い数字のまま保持される

任意のセルを選択し、数式バーを確認すると実際に入力している値を確認できます。

また、千円単位で表示されたセルの値を、別ファイルにコピーしても、入力データを正確に利用できるので、計算に支障が出ることはありません。

見た目だけが千円単位で表示される、入力データはそのまま再利用ができるのは便利ですね。

表示する単位の前の桁を四捨五入して表示される

千円単位で表示設定をした場合は百の桁を四捨五入される
千円単位で表示設定をした場合は百の桁を四捨五入される

千円単位で表示設定をした場合、百の桁を四捨五入して表示されます。

百万円単位で表示した場合だと、十万の桁を四捨五入して表示されることになりますね。

表示する単位の前の桁を四捨五入して表示されるのは、Excelの仕様だよ。知識として覚えておこうね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

桁の多い数字は省略して表示できる!

今回は、エクセルで数字を千円単位で表示して、『0』の表示、非表示をする方法について、解説しました。

桁の多い数字を千円単位で表示すると、とても見やすくなりましたね。

見た目は千円単位の表示ですが、セルに入力されている数字は実際の値となるため、計算に支障が出ることはありません。

桁の省略の設定をした場合は、単位が分かるように『単位:〇円』と記載しておくことを忘れないようにしましょう。

また、『#,##0″円”』と設定することで、値がゼロの場合は、『0円』と表示することもできます。

どのような単位で表示にしたいのかを決めてから、表示形式を設定しましょう。

最後に、エクセルで千円単位で値を表示する3つのポイントについて、おさらいします。

おさらい
  1. 桁を少なくして、大きな単位を把握しやすくする
  2. 見た目は千円単位の表示にでも、セルの値は実際に入力した値を保存できる
  3. 千円単位で表示設定した場合は、百の桁を四捨五入して表示される
    (表示する単位の次の桁を、四捨五入して表示される)

桁の多い数字を扱う場合は、作成する側、見る側、どちらにも見やすい資料作成を心がけましょう。

エクセルで『0(ゼロ)を表示しない』概要については、≫【エクセル】0(ゼロ)を表示しない方法を解説!書式設定や関数でラクラク非表示!で詳しく解説しています。

カテゴリー:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事