ショートカットキー

フィルターの追加と削除「Ctrl+Shift+L」

エクセルではデータに『フィルター』機能を適応することで、データの絞り込みをして探しやすくすることができます。

『フィルター』はデータタブにから設定することができますが、ショートカットキー【Ctrl+Shift+L】を使うと簡単にフィルターをつけれます。

再度【Ctrl+Shift+L】を押すとフィルターを解除することも出来ます。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Shift+L コントロール + シフト + エル

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

フィルターの追加と削除するショートカットキーの手順

社員名簿社員名簿

↑社員名簿があります。

A1セルを選択A1セルを選択セルを選択

↑ショートカットキー【Ctrl+Shift+L】を使い、社員名簿にフィルターを追加します。

A1のセルを選択し【Ctrl+Shift+L】を押してみましょう。

コントロールとシフトの場所コントロールとシフトの場所

↑【Ctrl】と【Shift】はキーボードの左右にあります。

使いやすい方を押してください。

今回は左の【Ctrl】と【Shift】で解説します。

コントロールとシフトとエルの場所コントロールとシフトとエルの場所

↑【Ctrl】と【Shift】を押した状態のままで【L】を押します。

【Ctrl】と【Shift】と【L】は同時には押せません。

①【Ctrl】を押したまま→②【Shift】を押したまま→③【L】の順番で押しましょう。

フィルター追加フィルター追加

↑2行目の『見出し』にフィルターが追加されました。

もう一度【Ctrl+Shift+L】を押すと解除されます。

フィルター追加フィルター追加

↑6行目を選択しショートカットキーを押すと、6行目にフィルターが追加されます。

フィルター追加フィルター追加

↑D列を選択しショートカットキーを押すとD1のセルだけにフィルターが追加されます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
行や列以外のセルを選択した状態だと『見出し』にフィルターがかかるよ!
転職を考えている人におすすめ!

あなたがもし転職を考えていたら、次のような悩みはありませんか?

  • 自分に向いている仕事はなんだろう?
  • 自分の強みはなんだろう?
  • 転職したいけど、自分に合った仕事の探し方がわからない。

このような悩みをお持ちなら、「ミイダス」の転職アプリがおすすめです。

ミイダスは次の3種類の診断を完全無料でおこなうことができます。

ミイダスにできる3つの診断コンテンツ
  • ミイダス市場価値診断
  • コンピテンシー診断
  • パーソナリティー診断

上記の診断結果を見て自分に適した転職先を見いだすことができます。

ミイダスの提携企業

さらにミイダスで市場価値を測定すると、上記のミイダスに登録されている企業170,000社から直接オファーが届く場合もあります。

中には面接確約オファーなどもあり、転職活動をしたいという方にぴったりのサービスです。

転職を少しでも検討しているかたは、まずは無料で登録して、自分の価値をしっかりと見つめなしてみませんか!

すでに44万人が登録していて、毎月2万人が登録中のミイダスがあなたの転職をサポートしてくれます。
無料で自分の市場価値を調べてみる≫