ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】フィルターの追加と削除「Ctrl+Shift+L」

タイトル

エクセルではデータに『フィルター』機能を適応することで、データの絞り込みをして探しやすくすることができます。

『フィルター』はデータタブにから設定することができますが、ショートカットキー【Ctrl+Shift+L】を使うと簡単にフィルターをつけれます。

再度【Ctrl+Shift+L】を押すとフィルターを解除することも出来ます。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Shift+Lコントロール + シフト + エル

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

フィルターの追加と削除するショートカットキーの手順

社員名簿社員名簿

↑社員名簿があります。

A1セルを選択A1セルを選択セルを選択

↑ショートカットキー【Ctrl+Shift+L】を使い、社員名簿にフィルターを追加します。

A1のセルを選択し【Ctrl+Shift+L】を押してみましょう。

コントロールとシフトの場所コントロールとシフトの場所

↑【Ctrl】と【Shift】はキーボードの左右にあります。

使いやすい方を押してください。

今回は左の【Ctrl】と【Shift】で解説します。

コントロールとシフトとエルの場所コントロールとシフトとエルの場所

↑【Ctrl】と【Shift】を押した状態のままで【L】を押します。

【Ctrl】と【Shift】と【L】は同時には押せません。

①【Ctrl】を押したまま→②【Shift】を押したまま→③【L】の順番で押しましょう。

フィルター追加フィルター追加

↑2行目の『見出し』にフィルターが追加されました。

もう一度【Ctrl+Shift+L】を押すと解除されます。

フィルター追加フィルター追加

↑6行目を選択しショートカットキーを押すと、6行目にフィルターが追加されます。

フィルター追加フィルター追加

↑D列を選択しショートカットキーを押すとD1のセルだけにフィルターが追加されます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
行や列以外のセルを選択した状態だと『見出し』にフィルターがかかるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。