【エクセル】LEFT関数とは?基本から応用まで紹介!

3 min 103 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルのLEFT関数って、どんなときに使えばいいのかな?

LEFT関数は、例えば氏名と名前が入力されたデータの『氏名だけを抽出して表示する』ことができるよ!くわしく解説するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、エクセルのLEFT関数について解説します。

文字列を抽出する関数
  • 文字列の左側から文字を抽出する【LEFT(レフト)関数】
  • 文字列の右側から文字を抽出する【RIGHT(ライト)関数】
  • 文字列の指定された位置から文字を抽出する【MID(ミッド)関数】

文字を抽出することができる関数は、上記の3種類あります。

今回は『LEFT関数』について解説するので、ぜひ活用してください。

LEFT関数以外にも脱初心者が知っとくべき関数を43個紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

【エクセル】LEFT関数とは?

LEFT関数の使い方はとても簡単です。

ポイント!

LEFT(レフト)関数とは

=LEFT(文字列,文字数)

意味:文字列の先頭から指定された文字数分の文字列を表示します。

LEFT関数を使いこなして、文字を取り出す方法をマスターしましょう。

本文では『社員名簿』を参考にしながら『文字を抽出する関数』詳しく解説しますね。

LEFT関数を使って文字を抽出する方法

社員名簿を使って、LEFT関数の文字を抽出する方法を見ていきましょう。

社員名簿を使って解説
社員名簿を使って解説

↑この社員名簿の氏名を『名字』と『名前』に分けながら解説します。

まず【LEFT(レフト)関数】を使い『名字』を取り出しましょう。

名字を抽出
名字を抽出する関数

↑B3の和田さんの名字をC3に抽出します。

C3のセルに、

=LEFT(B3,2)

を入力しEnterを押しましょう。

名字を抽出
名字を抽出

↑名字の「和田」だけが表示されました。

B3のセルの先頭から、2文字分の文字列を表示したからです。

オートフィルでコピー
オートフィルでコピー

↑オートフィルでコピーすれば完成です。

次の項目では、抽出したい文字数が定まらない場合の対処法を解説します。

LEFT関数の応用になるので、ぜひ読み進めてください。

エクセルのLEFT関数の応用

LEFT関数を使って、簡単に『名字』だけを抽出することができました。

名字が2文字より多い場合も、『文字数を2』で指定しているので2文字でしか表示されていないことになります。

3文字の名字は?
3文字の名字は?

↑よく見てみるとB11の「石山田」さんは「石山」しか抽出せれていません。

2文字分の文字列しか表示しないので、これでは誤った名字を抽出することになります。

ここで、さらに使いやすくするポイントだよ!名字と名前の間には規則正しく『空白セル』が入っているね!この空白セルの位置を数えて、その数だけ文字列を表示すればいいんだ。だから【FIND(ファインド)関数】を使うと名字の文字数が違っていても確実に「名字だけ」を表示させることができるね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

FIND関数も含めてみよう
FIND関数も含めてみよう

↑引数の「文字数」にFIND関数を入れてみましょう。

前述したC列のLEFT関数は削除します。

C3のセルに、

=LEFT(B3,FIND(“ ”,B3))

を入力しEnterを押します。

オートフィルでコピー
オートフィルでコピー

↑オートフィルでC12までコピーしましょう。

2文字も3文字の名字も抽出完了
2文字も3文字の名字も抽出完了

↑3文字の「石山田」さんも、名字だけが抽出されています。

B3のセルの先頭から、FIND関数で空白セルの位置を数えた分だけの文字列を表示しました。

無事に名字を抽出することが出来ました。

LEFT関数のまとめ

文字列を抽出することが出来るLEFT関数を紹介しました。

  • 【LEFT(レフト)関数】は文字列の左側から文字を抽出
  • 【RIGHT(ライト)関数】は文字列の右側から文字を抽出
  • 【MID(ミッド)関数】は文字列の指定された位置から文字を抽出

さまざまな文字列の抽出ができる3つの関数については、それぞれくわしく解説した記事がこちら≫エクセルで文字列を抽出する関数を紹介!3つの関数をマスターしよう!にあるので参考にしてください。

エクセルで、文字列の抽出をする際にはぜひ活用してみてください。

文字を抽出する関数以外にも脱初心者が知っとくべき関数を43個紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事