データベース

エクセル【ウィンドウ枠の固定】で見やすいデータベース

タイトル
エクセル初心者
エクセル初心者
膨大な量の顧客情報をデータベースに入力しているんだけど。ずっと入力していると見出しが見えなくなって、何を入力してるか分からなくなる時があって困ってるんだ。
エクセル初心者
エクセル初心者
私もデータベースをスクロールしていると見出しが分からなくなって、いちいち戻って見出しを確認しているの。もっと使いやすい方法はないかなぁ?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
そんなときは『ウィンドウ枠の固定』をお勧めするよ!
ウィンドウ枠の固定とは『見出し』の部分を常に表示させておくことができるんだ!だから、膨大な量のデータベースなどでも見出しが見えなくなってしまうことがないんだよ!

今回は『ウィンドウ枠の固定』について解説します。

ウィンドウ枠の固定方法

①データベースを開く
②見えていてほしい行の見出しの下のセルと、見えていてほしい列の見出しの右のセルを選択する
③表示タブより『ウィンドウ枠の固定』を開き、ウィンドウ枠の固定を選択する
④行と列の見出しが固定されて、ほかのセルはスクロールで表示できるようになる

エクセルのウィンドウの固定は『行だけ』や『列だけ』、そして『行と列を固定』することもできます。

使用しているデータベースに何が必要かを考えて設定してみましょう。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルのウィンドウの固定

ウィンドウ枠の固定とは、膨大な情報量のデータベースや表などで見出しなどを固定する方法になります。

ウィンドウ枠の固定をしていない場合に、膨大なデータベースをずっと右にスライドしていると『これは何のデータだっただろう?』と分からなくなることはありませんか。

『ウィンドウ枠の固定』は見出しを固定することで、データベースを下や右にスクロールしても、何について見ているかを見出しで確認することができます。

いちいち見出しに戻って確認する手間も省けますし、そして何よりも見やすいデータベースになります。

ウィンドウ枠の固定は、行と列にそれぞれ固定することもできます。

行と列にいっぺんに固定することも可能です。

ウィンドウ枠の固定の方法

名簿のデータベースを使って解説してみましょう。

データベースデータベース

↑この名簿データベースの行見出しは、『生年月日』の右側にも項目があります。

しかし、幅が広いため一番端っこのセルまで見えません。

『ID』の方も、下は『0100』まであります。

こちらも、下までは表示できず、見えません。

0035を選択0035を選択

↑例えば『ID0035』に情報を入力してみましょう。

行の見出しが見えなくなり、何の情報を入力するか分かりません。

迷子になってしまう迷子になってしまう

↑右側にスライドすると、どこが何行目かも分かりません。

仕事効率が良くなるよう、上記のような名簿データベースに『ウィンドウ枠の固定』をして見やすくなるように設定してみましょう。



ウィンドウ枠を行と列に固定する

エクセルのデータベースの見出しの『行と列』にウィンドウ枠の固定してみましょう。

ウィンドウ枠の固定する見出しウィンドウ枠の固定する見出し

↑表示していてほしい行の見出しは、1行目です。

列の見出しは、A列になります。

なのでB2セルを選択しましょう。

表示タブのウィンドウ枠の固定表示タブのウィンドウ枠の固定

↑表示タブの『ウィンドウ枠の固定』を開きます。

一番上のウィンドウ枠の固定を選択しましょう。

変化が見えない!?変化が見えない!?

↑見た目の変化は、ほぼありません。

下にスクロール下にスクロール

↑下にスクロールしてみましょう。

見出しが常に表示されたまま、下にスクロールできます。

右にスライド右にスライド

↑右にスライドしてみましょう。

同じように、常にA列の見出しが表示されたままです。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
常に見出しが見えているから、分かりやすいね!



ウィンドウ枠を行だけに固定する

ウィンドウ枠を行だけに固定してみましょう。

何も設定されていない状態の名簿データベースを使用します。

選択するセルはどこでもOK選択するセルはどこでもOK

↑1行目の見出しを固定し、常に表示させましょう。

選択するセルはどこでもかまいません。

『A1』でも『B2』でも『C3』でもどこでもOKです。

先頭行の固定先頭行の固定

↑表示タブより『ウィンドウ枠の固定』を開きます。

『先頭行の固定』を選択しましょう。

先頭行の固定完了先頭行の固定完了

↑下にスクロールしてみましょう。

先頭の行の見出し部分が固定されました。



ウィンドウ枠を列だけに固定する

次に『列』だけにウィンドウ枠の固定をしてみましょう。

何も設定されていない状態の名簿データベースを使用します。

どこでも選択してOKどこでも選択してOK

↑こちらも選択するセルは、どこでも大丈夫です。

先頭列の固定先頭列の固定

↑表示タブから『ウィンドウ枠の固定』を開き、『先頭列の固定』を選択します。

列の固定完了列の固定完了

↑右にスライドさせて、下にスクロールしてみましょう。

IDのナンバーのA列が固定されています。

1行目の見出しは固定されていません。



ウィンドウ枠の解除方法

ウィンドウ枠の固定は、膨大なデータベースに設定すると大変便利な機能です。

画面上に表示しきれない部分の見出しが固定され、ずっと確認できます。

さて、この便利なウィンドウ枠の固定を解除する方法もとっても簡単です。

ウィンドウ枠の固定を解除するウィンドウ枠の固定を解除する

↑ウィンドウ枠の固定を設定したデータベースを開きます。

表示タブから『ウィンドウ枠の固定』を選択します。

ウィンドウ枠の解除ウィンドウ枠の解除

↑『ウィンドウ枠の固定の解除』を選択しましょう。

解除完了解除完了

↑簡単に『ウィンドウ枠の固定』を解除することができました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
『ウィンドウ枠の固定』は、とっても簡単でとても便利だね!ほかにもデータベースを『テーブル』として設定していた場合、ウィンドウ枠の固定で『先頭行の固定』を設定しなくても見出しが表示されるので、とっても便利だよ!
テーブル機能テーブル機能

↑テーブル機能を使っている場合の行の見出しの見え方になります。

右にスライドすると列の見出しは見えなくなりますが、『テーブル』はとても便利な機能です。

テーブルについてはこちら≫エクセル【テーブル】で見やすい色付きデータの表示とテーブル解除の方法を参考にしてみてください。

テーブルタイトル
エクセル【テーブル】で見やすい色付きデータの表示とテーブル解除の方法エクセルデータは行や列が増えると情報が見えづらい。そんな時は【テーブル】機能を使うと色が交互につき見やすくなります。色が交互につくと、データがとても見やすくなります。テーブルの設定はとても簡単に表示させることが出来ます。そして、テーブルを解除する方法も解説していきますね。...
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。