使い方

エクセル【テーブル】の作成方法を紹介!簡単に見やすいデータに変換!

エクセル初心者
エクセル初心者
データベースを作ったんだけど『テーブルで作成するように』って言われたよ。どうやって『テーブル』を作成するのか方法が知りたいな。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
テーブルの作成方法だね!できあがっているデータベースや表を『テーブル化』することができるので、くわしく解説するね!

今回は、テーブルの作成方法ついて解説します。

テーブルの作成方法
  1. テーブルにしたい範囲を選択する
  2. テーブルとして書式設定▼からスタイルを選択する
  3. テーブル化完了

以上の3ステップで、簡単にテーブルを作成することができます。

くわしくは本文で解説するので、最後までお付き合いください。

テーブルの使い方やくわしい内容は、こちら≫エクセル【テーブル】とは?機能や基礎から応用を徹底解説!で解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

タイトル
エクセル【テーブル】とは?機能や基礎から応用を徹底解説!エクセルデータは行や列が増えると情報が見えづらい。そんな時は【テーブル】機能を使うとデータが見やすくなります。データに交互に色を付けたり、フィルターを自動で設置してくれます。さらに集計や解除など、基礎から応用までテーブル機能徹底解説するので、参考にしてみてください。...

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

エクセルでテーブルを作成する前に

エクセルでテーブルを作成する前に、注意したい点をあげます。

エクセルのテーブルを作成するときは、

  • できあがっているデータベースや表を『テーブル』に作成する方法
  • 白紙の状態から『テーブル』を作成する方法

以上の2通りが考えられます。

これから解説する方法は、『できあがっているデータベースや表をテーブルに作成する方法』です。

テーブルは、最初から『テーブル』として作成していなくても、あとからテーブルにできるので、とても便利です。

白紙の状態からテーブルを作成する場合は、これから解説する手順を『白紙』の状態で設定するだけなので、こちらも簡単です。

次の項目より、できあがっているデータベースや表をテーブルに作成する方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1 2
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。