エクセル【テーブル】の作成方法を紹介!簡単に見やすいデータに変換!

3 min 109 views
エクセル初心者

エクセル初心者

データベースを作ったんだけど『テーブルで作成するように』って言われたよ。どうやって『テーブル』を作成するのか方法が知りたいな。

テーブルの作成方法だね!できあがっているデータベースや表を『テーブル化』することができるので、くわしく解説するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、テーブルの作成方法ついて解説します。

テーブルの作成方法
  1. テーブルにしたい範囲を選択する
  2. テーブルとして書式設定▼からスタイルを選択する
  3. テーブル化完了

以上の3ステップで、簡単にテーブルを作成することができます。

くわしくは本文で解説するので、最後までお付き合いください。

テーブルの使い方やくわしい内容は、こちら≫エクセル【テーブル】とは?機能や基礎から応用を徹底解説!で解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

エクセルでテーブルを作成する前に

エクセルでテーブルを作成する前に、注意したい点をあげます。

エクセルのテーブルを作成するときは、

  • できあがっているデータベースや表を『テーブル』に作成する方法
  • 白紙の状態から『テーブル』を作成する方法

以上の2通りが考えられます。

これから解説する方法は、『できあがっているデータベースや表をテーブルに作成する方法』です。

テーブルは、最初から『テーブル』として作成していなくても、あとからテーブルにできるので、とても便利です。

白紙の状態からテーブルを作成する場合は、これから解説する手順を『白紙』の状態で設定するだけなので、こちらも簡単です。

次の項目より、できあがっているデータベースや表をテーブルに作成する方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【エクセル】テーブルの作成方法

テーブルは、データの分析や並べ替えや、抽出などを行うことができるエクセルの便利な機能です。

テーブル機能を使用することで、まず見た目が変わります。

行の色が交互になって、見やすくなるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

テーブル機能を使わずに作成した『フルーツ売上合計表』を使って、テーブルを作成する方法を解説します。

テーブル範囲選択
テーブル範囲選択

まずは、テーブル機能を設定する範囲の選択をしましょう。

テーブル機能には『見出し』が出来るようになっています。

『見出しの行が増える』または、『データの項目名が見出しになる』となります。

フルーツ売上合計の表は、1月から12月までの行項目を見出しにしてみましょう。

『1月』から『12月』の項目から『12月の合計』までを含み範囲に取ってみましょう。

テーブルとして書式設定
テーブルとして書式設定

ホームタブの【テーブルとして書式設定▼】を押します。

テーブルの種類を選び、好きなスタイルで設定しましょう。

今回は『緑、テーブルスタイル(中間)14』にしますね。

テーブルの種類の名称は、カーソルを合わせると出てくるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

テーブルとして書式設定範囲
テーブルとして書式設定範囲

【テーブルとして書式設定】ダイアログボックスが出てきました。

テーブルに変換するデータ範囲は、最初に範囲選択をしているので気にしなくて大丈夫です。

データ範囲を変更したい時は、この時点で修正を行えます。

【先頭行をテーブルの見出しとして使用する】にチェック☑を入れOKを押します。

テーブルのフィルターボタン
テーブルのフィルターボタン

とても簡単に色が交互になり見やすいデータになりました。

そして見出し部分にフィルターボタンが付きましたね。

テーブル機能は、分析・並べ替え・抽出などを行いやすい機能になるので、自動的にフィルターボタンが表示されます。

他にも色を交互に変える方法はこちら≫エクセル【条件付き書式】簡単色付け!条件に一致させセルや行の色を変えようも参考にしてみてくださいね。

結合してるセルを見出しにすると、結合が解除されてしまうので注意してね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルのデータをテーブル化して効率アップ

今回は、エクセルのできあがっているデータベースや表を『テーブル化』しました。

テーブルにすることで、まず見た目がかなり変わってきます。

行の色が交互に変わり、フィルターも設置されます。

そして、できあがっているデータベースや表を後からいつでもテーブルにすることができるので、必要なら『テーブル化』しましょう。

テーブルの作成は、とても簡単でした。

テーブルの使い方やくわしい内容は、こちら≫エクセル【テーブル】とは?機能や基礎から応用を徹底解説!で解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事