ショートカットキー

【エクセル】セルの書式設定をショートカットキーで時短操作

タイトル
エクセル初心者
エクセル初心者
僕は日常のエクセル作業で『セルの書式設定』の使用頻度が高いから、書式設定を簡単に操作できるショートカットキーを教えてほしいなぁ。
エクセル初心者
エクセル初心者
ショートカットキーを使いこなして時短作業がしたいなぁ!
Dr.オフィス
Dr.オフィス
今回は『書式設定』をする際に便利なショートカットキーを紹介するね!自分の使用頻度の高いショートカットキーを覚えて仕事効率アップを目指そう!

今回は、セルの書式設定をする際に使用すると便利なショートカットキーを10選紹介します。

ちょっとした作業をマウスではなく、ショートカットキーで済ませることで時短につながります。

ぜひ参考にしてみてください。

Ctrl+1セルの書式設定ダイアログボックスの表示する
Ctrl+Bフォントを太字にする/解除する
Ctrl+Iフォントを斜体にする/解除する
Ctrl+Uフォントに下線を付ける/解除する
Ctrl+Shift+1桁区切りスタイルの設定する
Ctrl+Shift+3表示形式を『日付』にする
Ctrl+Shift+4表示形式を『通貨』にする
Ctrl+Shift+5表示形式を『%』にする
Ctrl+Shift+6『外枠罫線』を設定する
Ctrl+Shift+~表示形式を『標準』にする

【Ctrl+1】セルの書式設定ダイアログボックスの表示

まずは、セルの書式設定をする際に必要なおおもとのダイアログボックスを表示させるショートカットキー【Ctrl+1】を紹介します。

『セルの書式設定』のダイアログボックスには、『表示形式・配置・フォント・罫線・塗りつぶし・保護』のタブがあります。

このセルの書式設定ダイアログボックスを開くときは、最後に使用したタブが開くようになっています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【エクセルのショートカットキー】「Ctrl+1」はセルの書式設定を表示する

タイトル
【エクセルのショートカットキー】「Ctrl+1」はセルの書式設定を表示するエクセルを操作中に『セルの書式設定』のダイアログボックスを表示するショートカットキーは「Ctrl(コントロール)+1」になります。表示形式の変更であったり、配置や塗りつぶしなど、使用頻度の高い『セルの書式設定』は、ショートカットキーで覚えておくと大変便利です。時短にもつながりますので参考にしてください。...

【Ctr+B】フォントを太字にする

テキストを入力して、目立たせるためには何をしたら良いでしょうか。

例えば『フォントを太字に設定する』と目立ちますね。

見出しやタイトル、ポイントなどを太字にすると目に入りやすいです。

この太字にする設定もショートカットキー【Ctrl+B】で簡単にできます。

太字を解除する場合は、再度おなじショートカットキー【Ctrl+B】を押すだけです。

【エクセルのショートカットキー】文字を太字にする「Ctrl+B」

【エクセルのショートカットキー】文字を太字にする「Ctrl+B」エクセルのショートカットキー「Ctrl+B」を紹介します。Ctrl(コントロール)を押しながらB(ビー)を押すだけで、選択したセルや文字を太字にすることが出来ます。再度、同じ動作をすると解除できます。資料を見栄え良くするためのおすすめ時短テクニックのひとつです。...



【Ctrl+I】フォントを斜体にする

フォントを斜めに設定するショートカットキー【Ctrl+I】も大変便利なショートカットキーになります。

このショートカットキーも、斜体設定を解除したい場合は、おなじショートカットキー【Ctrl+I】を押すだけです。

【エクセルのショートカットキー】文字を斜体にする「Ctrl+I」

【エクセルのショートカットキー】文字を斜体にする「Ctrl+I」エクセルで斜体に設定するショートカットキーの解説をします。文字の装飾は、見やすい文書を作成するために必須です。文字を右側に傾ける斜体の書式設定をするショートカットキーは、Ctrl(コントロール)を押しながらI(アイ)を押すだけで、設定できます。再度、押すと解除できます。...

【Ctrl+U】フォントに下線を付ける

フォントの下に線を付けることができるショートカットキー【Ctrl+U】を紹介します。

太字・斜体・下線はホームタブの『フォント』にも用意されています。

使用頻度の高い書式です。

ショートカットキーを使い、セルに入力したテキストに下線を付けてみましょう。

下線がつくことで、テキストを目立たせることが簡単にできます。

【エクセルのショートカットキー】文字に下線を引く「Ctrl+U」

タイトル
【エクセルのショートカットキー】文字に下線を引く「Ctrl+U」Ctrl(コントロール)とU(ユー)は、簡単に文字に下線を付けることが出来るショートカットキーになります。エクセルでデータを作成しているときに、目立たせたい文字やセルに使用しましょう。セルの中の一部分の文字にだけ設定することも出来、解除は同じ作業をするだけなので簡単です。...



【Ctrl+Shift+1】桁区切りスタイルの設定

エクセルでの入力に『金額』の入力する機会は多くないでしょうか?

金額を入力した際には、桁を区切ったりすることで見やすくなります。

円マークを付けると、金額を入力していることも一目瞭然です。

今回は桁区切りスタイルを設定するショートカットキー【Ctrl+Shift+1】を紹介します。

【エクセルのショートカットキー】桁区切りスタイルの設定「Ctrl+Shift+1」

タイトル
【エクセルのショートカットキー】桁区切りスタイルの設定「Ctrl+Shift+1」エクセルでは金額を求めるデータを扱うことが多くあります。金額には『桁区切りスタイル』を設定すると見やすくなります。桁区切りスタイルはショートカットキー【Ctrl+Shift+1】で簡単に表示することができます。ショートカットキー【Ctrl+Shift+1】の解説をします。ぜひ使ってみてください。...

【Ctrl+Shift+3】表示形式を『日付』にする

何も設定していない状態でセルに日付を入力してみましょう。

『8/4』と入力すると『8月4日』と表示されます。

この『8月4日』の表示を『2019/8/14』の表示形式に変更することができるショートカットキー【Ctrl+Shift+3】を紹介します。

【Ctrl+Shift+3】は表示形式を『日付』に変更することができます。

【エクセルのショートカットキー】セルの表示形式を『日付』にする「Ctrl+Shift+3」

タイトル
【エクセルのショートカットキー】セルの表示形式を『日付』にする「Ctrl+Shift+3」エクセルでセルの表示形式を『日付』に変更するショートカットキー【Ctrl+Shift+3】を紹介します。セルは、もともとの表示形式は【標準】になっています。日付をスラッシュで入力すると表示形式は『ユーザー定義』になります。【Ctrl+Shift+3】を押すだけでスラッシュの日付は表示形式が『日付』になります。...



【Ctrl+Shift+4】表示形式を『通貨』にする

セルに入力した値を『通貨』の表示形式にしましょう。

ショートカットキー【Ctrl+Shift+4】で簡単に通貨にできます。

【Ctrl+Shift+4】は、値に円マークを付け、そして、桁区切りスタイルにします。

金額を表示したい場合には、とても便利なショートカットキーになります。

【エクセルのショートカットキー】セルの表示形式を『通貨』にする「Ctrl+Shift+4」

タイトル
【エクセルのショートカットキー】セルの表示形式を『通貨』にする「Ctrl+Shift+4」エクセルで『通貨』をショートカットキーで表示することができます。ショートカットキー【Ctrl+Shift+4】は、数値が入力されたセルを『通貨』の表示形式に変更することができます。記号は『¥』になります。ほかの通貨表示にする場合は、ホームタブの数値から設定しましょう。...

【Ctrl+Shift+5】表示形式を『%』にする

入力した値に『パーセンテージ』の表示形式に変更するショートカットキー【Ctrl+Shift+5】を紹介します。

値が入力されている場合は『00%』が表示されます。

値が入力されていないセルの場合は『%』だけになります。

【エクセルのショートカットキー】セルの表示形式を『%』にする「Ctrl+Shift+5」

タイトル
【エクセルのショートカットキー】セルの表示形式を『%』にする「Ctrl+Shift+5」エクセルの表示形式『%』をショートカットキーで表示する方法を紹介します。ショートカットキー【Ctrl+Shift+5】になります。セルは空白でも入力済でもかまいません。数値が入力されているセルにショートカットキー【Ctrl+Shift+5】を押すと、数値に『00%』がつき、表示形式は『パーセンテージ』に変更できます。...



【Ctrl+Shift+6】『外枠罫線』を設定する

選択しているセルの外枠の罫線を設定することができるショートカットキー【Ctrl+Shift+6】を紹介します。

【Ctrl+Shift+6】は、1個のセルを選択した場合であれば、その1個のセルの外枠罫線のみを設定します。

複数のセルを選択した場合は、一番外枠の部分だけを罫線で囲むことができます。

【エクセルのショートカットキー】セルに『外枠罫線』を設定する「Ctrl+Shift+6」

タイトル
【エクセルのショートカットキー】セルに『外枠罫線』を設定する「Ctrl+Shift+6」エクセルの罫線をショートカットキーで設定する方法を紹介します。今回は選択したセルの『外枠罫線』をショートカットキー【Ctrl+Shift+6】で設定します。選択するセルは、単数でも複数でも、外枠に罫線を設定できます。とても簡単に外枠罫線が設定できるので、ぜひ使ってみてください。...

【Ctrl+Shift+~】表示形式を『標準』にする

エクセルでは、さまざまな表示形式に変更することができます。

その表示形式を『標準』にすることができるショートカットキー【Ctrl+Shift+~】を紹介します。

【Ctrl+Shift+~】を使うと、日付やパーセンテージなどの表示形式を変更していても『標準』に戻せます。

【エクセルのショートカットキー】表示形式を『標準』にする「Ctrl+Shift+チルダ(~)」

タイトル
【エクセルのショートカットキー】表示形式を『標準』にする「Ctrl+Shift+チルダ(~)」エクセルで表示形式を『標準』に設定するショートカットキー【Ctrl+Shift+~(チルダ)】を紹介します。ショートカットキー【Ctrl+Shift+チルダ(~)】を使うことで、『パーセンテージ』や『ユーザー定義』、『日付』などの表示形式を簡単に『標準』に変更することができます。...
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。