使い方

【エクセル便利技】郵便番号から住所入力、ハイフンの自動入力する方法

郵便番号の『ハイフン』を自動で入力

こちらに郵便番号の入力をする際に、『-(ハイフン)』を入れていないデータがあります。

ハイフン未記入ハイフン未記入

↑後からでも、『ハイフン』を表示させることができるので、さっそく試してみましょう。

セルの選択セルの選択

↑郵便番号のハイフンを表示させたいセルや列などを選択します。

今回は、A列のA2:A6を選択します。

セルの書式設定ダイアログボックスを開く手順セルの書式設定ダイアログボックスを開く手順

↑ホームタブの数値の右下矢印からセルの書式設定ダイアログボックスを開きます。

ショートカットキー『Ctrl+1』でも簡単に開くことができるので、どちらでもかまいません。

セルの書式設定ダイアログボックスセルの書式設定ダイアログボックス

↑セルの書式設定ダイアログボックスが表示されました。

『その他』と『郵便番号』を選択をしOKを押します。

ハイフン表示完了ハイフン表示完了

↑簡単にハイフンを表示することができました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
この方法は表示形式を変更しているので、郵便番号を『変換』しても『住所』は表示されないよ!
住所の変換には必ず『ハイフンを入力する』ことが必要だからね!

郵便番号の入力は、エクセルデータでは取り扱うことが多い項目になります。

ちょっとした便利技を使って、効率よく作業してみましょう。

1 2 3
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。