使い方

【エクセル便利技】郵便番号から住所入力、ハイフンの自動入力する方法

エクセルで郵便番号から住所を入力

住所録のデータ入力をして、郵便番号から住所を入力する方法を解説しましょう。

住所録のデータ住所録のデータ

↑こちらは氏名・郵便番号・住所・電話番号などを入力するデータになります。

郵便番号まで入力しています。

郵便番号を変換郵便番号を変換

↑住所のD2セルに郵便番号を入力し、変換しましょう。

すると『半角の郵便番号』と『全角の郵便番号』と『郵便番号の住所』が表示されます。

キーボード『変換』キーボード『変換』

↑キーボードの変換キーは、こちらになります。

郵便番号で簡単に住所郵便番号で簡単に住所

↑住所を選択し確定、そして続きの住所を入力します。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
この郵便番号を住所に変換するために守ってほしいことがあるよ!

❶日本語入力はONにしてね!
❷『○○○-○○○』のようにハイフンを入力してね!

これを守って郵便番号を変換すれば、簡単に住所になるよ!



郵便番号をコピーして住所入力

住所録の入力は、1件や5件ではなく大量になることが多いですね。

ちょっとした便利技で住所録を、楽に素早く効率よく入力してみましょう。

郵便番号まで入力されたデータ郵便番号まで入力されたデータ

↑住所録のデータがあります。

郵便番号まで入力されています。

コピー&ペーストコピー&ペースト

↑郵便番号をコピーして、住所欄にペーストしましょう。

郵便番号を選択郵便番号を選択

↑D列の住所の方の郵便番号を選択します。

D2の郵便番号をダブルクリックして選択しましょう。

変換する変換する

↑キーボードの『変換』を押します。

『半角の郵便番号』と『全角の郵便番号』と『郵便番号の住所』が表示されました。

確定した郵便番号から住所作成確定した郵便番号から住所作成

↑住所を選択して、続きの番地まで入力すればOKです。

郵便番号を再度入力せずに、コピー&ペーストした郵便番号からも住所変換ができるので、とても便利です。



郵便番号とPHONETIC関数

PHONETIC関数は、ふりがなを表示することができる関数です。

しかし、郵便番号を住所に変換したセルにPHONETIC関数を使ってみるとどうなるでしょう。

PHONETIC関数PHONETIC関数

↑A列は、郵便番号を住所に変換しています。

住所に変換し、追記した住所もあります。

オートフィルでコピーオートフィルでコピー

↑B列に、『=PHONETIC(A2)』を入力し、下までオートフィルでコピーします。

郵便番号とフリガナ郵便番号とフリガナ

↑B列は、郵便番号が表示されました。

番地などを追加した住所は、『郵便番号と追加した番地など』が全てフリガナとして返ります。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
PHONETIC関数で返した郵便番号は全角の郵便番号になっているよ!
タイトル
【エクセル】ふりがなを表示する関数ならPHONETIC関数にお任せ!エクセルでふりがなを表示することができるPHONETIC関数を解説します。エクセルで顧客名簿や社員名簿など、文字データを管理するリストは多いです。リストの氏名などを漢字で入力後に『ふりがな』も手入力していませんか?PHONETIC関数を使うと『ふりがな』も簡単に表示することができ大変便利です。入力ミスも防ぐことが出来るのでぜひ使ってみてください。...
1 2 3
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。