使い方

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

エクセル家計簿の作り方|収支の全体を見れるシート作成

1年間の収支の全体を見れるシートを作成します。

収支シートの出来上がりイメージ収支シートの出来上がりイメージ

↑こちらは今回、作り方を紹介するエクセル家計簿の1年間の収支を把握する『収支シート』の出来上がりイメージです。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
このシートの金額は、関数や参照を使っているので、入力はしていないよ!フォーマットだけ作成しよう!
収支の項目を考える収支の項目を考える

↑まず、白紙のエクセルに見出しや家計簿の項目を入力しましょう。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
家計簿の必要な項目は、自分に必要なものを考えてみてね!



罫線や色をつけて表にする罫線や色をつけて表にする

罫線色を付けると、『収入』と『支出』も一目瞭然になります。目立たせたいセルには太字などを設定しても良いでしょう。

タイトル
【エクセルで罫線を引いたり消す方法】罫線ボタンやショートカットを利用しようエクセルの罫線を引く方法や、消す方法について解説します。操作として、ホームタブの罫線ボタンから作業するととても簡単で便利です。罫線を引くセルを選択して、罫線ボタンを押すだけになります。ほかには、セルの書式設定からも、罫線の操作ができます。使いやすい方で作業されてみてください。...
表示形式の設定表示形式の設定

↑もしマイナスの金額が反映された場合に『-(マイナス)』と、数値は『赤文字』に設定しておきます。

D3:P25を選択し、表示形式のユーザー定義から種類を『#,##0;[赤]-#,##0』で設定します。これで、もしマイナスの金額があれば、『マイナスの金額が赤く表示』されます。

『表示形式』では、いろいろな表示の仕方ができるので、ぜひこちら≫【エクセルの計算】円・人・個などの単位を付ける方法を解説も参考にされてみてください。

タイトル
【エクセルの計算】円・人・個などの単位を付ける方法を解説エクセルで単位を付けて計算するとエラーになってしまいます。数値に『円』などの単位を付けて入力すると、『文字列』になってしまうので、計算ができません。でも、単位を表示したいときは、表示形式のユーザー定義を使いましょう。見た目は『円』がついた計算ですが、実際には『円』を入力しないので、ちゃんと計算できます。...

以上で、エクセル家計簿の1年間の収支を把握する『収支シート』の出来上がりです。次は、1ヵ月ごとに収支を入力するシートを作成しましょう。

1年間の12ヵ月分を作成するのはとても大変ですが、1枚作成すればあとはコピーするだけなので簡単に作成できます。

次項では、エクセル家計簿の『月ごとの支払いを入力するシート』を作成するので、読み進めてみましょう。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルで家計簿を作るのが難しそうな場合、スマフォで自動家計簿アプリを使うのも便利だよ!銀行口座やクレジットカードを連携することができるので、自動で収支が見える化されるよ!

スマフォの自動家計簿アプリのおすすめは【マネーフォワードME】です。

興味のある方は、ぜひこちらも確認してみてくださいね。

1 2 3 4
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。