関数

【エクセル】曜日ごとに色を自動で変更|土曜日は青&日曜日は赤のスケジュール表

土曜、日曜の文字の色を自動で変える方法も簡単

例で使用しているスケジュール表はTEXT関数で曜日を表示しています。

条件付き書式とTEXT関数を使い、曜日に色を付けてみましょう。

曜日を全て選択

↑曜日を全て選択します。

新しい書式ルール曜日

↑条件付き書式から『新しいルール』を開きます。

TEXT関数挿入

↑『数式を使用して、書式設定するセルを決定』を選択し、TEXT関数を入力します。

【=TEXT(A3,”aaa”)=”日”】を入力し、書式を開きます。

曜日の色選び

↑フォントタブから色を選びましょう。

日曜日なので赤を選択しOKを押します。



プレビュー画面で確認

↑新しい書式ルールのプレビュー画面も赤で表示されています。

OKを押しましょう。

日曜日が赤色

↑『日』が『赤色』に変更されました。

上記のように、土曜日も色を変えてみましょう。

土曜日は『数式を使用して、書式設定するセルを決定』から

【=TEXT(A3,”aaa”)=”土”】を入力し、フォント色は『青色』を選択します。

曜日も日付も色付き完成

↑日曜と土曜に色が付き、見やすいスケジュール表になりました。

まとめ

スケジュール表の、曜日ごとに色を変えることが出来ました。

市販のカレンダーやスケジュール帳のように、土曜日や日曜日の色を変えると、とても見やすく、そして使いやすくなります。

上記で解説したように、文字の色を変えるだけでなく、列の色を変えることも出来ます。

列の色付けは『セルの書式設定』をする場面で『フォントタブ』を選んでいましたが『塗りつぶしタブ』から設定をすることも出来ます。

塗りつぶしからの便利な使い方は≫【エクセル】塗りつぶしの方法!パターンや交互に色を変えて見やすくしようで解説しています。

様々な使い方がエクセルにはあります。

効率よく作業の行えるスケジュール表を作成して時短しましょう。

万年カレンダーの作成方法についてこちら≫エクセルでずっと使える万年カレンダーを作成しよう!を参考にされてみてくださいね。

今回使用した『条件付き書式』は、条件を設定してセルの色を変えることなどもできます。

条件付き書式でエクセルの行やセルの色を変えて表を見やすくする方法を徹底解説も参考にしてください。

タイトル
条件付き書式でエクセルの行やセルの色を変えて表を見やすくする方法を徹底解説【条件付き書式】とは、セルの値や数式の計算結果を条件にして、セルの書式を自動的に変えることが出来る機能。この機能を使うと、セルや行に色を付けることが簡単出来るようになります。表を一目見て、条件を満たすものが分かります。条件に一致すると色を変えれるので、視覚的な表現ができます。条件付き書式を使い、セルや行に色付けをして、見やすく分かりやすい表やデータを作成しましょう。...
1 2 3 4
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。
暑中見舞いの締め切りは8/7です!梅雨が明けたら忘れる前に送りましょう。おすすめの暑中見舞い作成サービスをまとめました。
おすすめランキングはコチラ
おすすめの暑中見舞い作成サービスをランキング形式でまとめました。
詳細はコチラ