使い方

【エクセルの計算】円・人・個などの単位を付ける方法を解説

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルの計算で数値に『単位』をつけたら、計算できなくなったよ!単位を付けて計算する方法ってないのかな?
エクセル初心者
エクセル初心者
数値に『円』とか『個』とか単位をつけると、文字列として扱われてしまうって聞いたよ!だから、計算ができなくなったんじゃないかなぁ?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
そうなんだ!単位を付けた数値は『文字列』として扱われてしまうんだよ。それで計算ができなくなってしまったんだね。それでも、単位を付けた方が親切だったり、見やすくなるデータがあるよね。そんなときには表示形式のユーザー定義で設定しよう!

今回は、単位を付けた数値の計算を行えるように『表示形式のユーザー定義』を設定します。

実際には、数値は数値のままです。

しかし、見た目だけは『単位』を表示させます。

ユーザー定義で、さまざまな設定ができるので、単位以外にも表示させてみましょう。

単位表示の計算簡単ステップ
  1. セルを選択しセルの書式設定を開く
  2. ユーザー定義から『@”個”』を設定する
  3. 数値を入力すると自動的に『個』が表示される

以上の3ステップで簡単に単位を表示することができます。

見た目は『100個』と入力されたセルには、実際は『100』しか入力されていないので計算もできます。

詳しい解説は次項より続きます。

ぜひ読み進めてみてくださいね。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

1 2 3 4
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。